MVアグスタがアルピーヌとコラボレーション 「スーパーベローチェ アルピーヌ」を発表

2020.12.11 自動車ニュース
MVアグスタ・スーパーベローチェ アルピーヌ
MVアグスタ・スーパーベローチェ アルピーヌ拡大

伊MVアグスタは2020年12月10日、仏アルピーヌとのコラボレーションを発表。「アルピーヌA110」をモチーフとした、専用のカラーリングをまとう「スーパーベローチェ アルピーヌ」を110台限定で生産すると発表した。

 
MVアグスタがアルピーヌとコラボレーション 「スーパーベローチェ アルピーヌ」を発表の画像拡大
 
MVアグスタがアルピーヌとコラボレーション 「スーパーベローチェ アルピーヌ」を発表の画像拡大
 
MVアグスタがアルピーヌとコラボレーション 「スーパーベローチェ アルピーヌ」を発表の画像拡大

MVアグスタは、航空機メーカーを起源とするイタリアのバイクメーカーであり、1940年代からロードレースで活躍。世界選手権で数々の勝利を挙げると同時に、そこで得たノウハウを取り入れた高性能スポーツモデルを多数輩出してきた。今日でも、ユニークなスタイリングと高い運動性能を併せ持つバイクを多数ラインナップしている。

今回発表されたアルピーヌとのコラボレーションモデル、スーパーベローチェ アルピーヌは、最高出力147HP/1万3000rpm、最高速240km/hという性能を持つスポーツバイク「スーパーベローチェ」をベースとしたもので、車体にはアルピーヌA110の訴求色であるブルーを取り入れたカラーリングを採用。フェアリングに施された「A」のロゴや、ブルーのステッチの入ったブラックアルカンターラシート、CNC加工されたブラックのリムなども特徴で、フロントフェンダーの左右には、イタリアとフランスの国旗が描かれている。

価格はイタリア本国で3万6300ユーロ。日本導入の予定はアナウンスされていない。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る