BMWが新型「R1250GS」を発売 アドベンチャータイプの大型二輪モデル

2021.01.08 自動車ニュース
BMW R1250GSアドベンチャー
BMW R1250GSアドベンチャー拡大

BMWジャパンは2021年1月7日、アドベンチャータイプの大型二輪モデルである、新型「R1250GS/R1250GSアドベンチャー」を発表した。販売開始は同年1月15日を予定している。

R1250GS
R1250GS拡大
R1250GSアドベンチャー
R1250GSアドベンチャー拡大
 
BMWが新型「R1250GS」を発売 アドベンチャータイプの大型二輪モデルの画像拡大
 
BMWが新型「R1250GS」を発売 アドベンチャータイプの大型二輪モデルの画像拡大
「R100GS」(中央)と「R1250GSアドベンチャー40years GS edition」(左右)。
「R100GS」(中央)と「R1250GSアドベンチャー40years GS edition」(左右)。拡大
R1250GSアドベンチャー40years GS edition
R1250GSアドベンチャー40years GS edition拡大

BMW製エンデューロバイクのフラッグシップ

「GS」シリーズは、オンロード/オフロードを問わない動力性能を特徴とするBMWのアドベンチャーモデルであり、誕生から41年を数える伝統のモデルでもある。そのラインナップの中でもR1250GSは、最大排気量のエンジンを搭載したフラッグシップにあたる。

エンジンは排気量1254ccの空冷4ストローク水平対向2気筒DOHCで、最高出力136PS/7750rpm、最大トルク143N・m/6250rpmを発生。吸気側のバルブタイミングとバルブリフトを調整する「BMWシフトカム・テクノロジー」の採用により、全回転域で優れたパワーを発揮するとともに、スムーズで滑らかな作動と高い燃費性能および排出ガス性能を実現しているという。

走りに関する機能も充実しており、車体がリーンした状態などでのブレーキングを安定させる新型「BMW MotorradインテグラルABS Pro」や、坂道での発進や停車に便利な「ヒルスタートコントロール」、トラクション性能を確保しつつ高レベルの安全性を担保する「ダイナミックトラクションコントロール」を全車に採用。ベースグレードを除き、ライディングモードの切り替え機構や全自動負荷補正機能を備えた電子調整式サスペンション、コーナリングライト機能つきのフルLEDアダプティブヘッドライトを標準装備している。

このほかにも、シフトダウン時などに後輪に過度な制動がかかり、タイヤがスリップするのを回避する「ダイナミックエンジンブレーキコントロール」を新採用。ライディングモードは全7種類で、新たに省燃費なライディングをサポートする「エコ」モードを追加した。

ラインナップはR1250GSと、よりオフロード性能を高めたR1250GSアドベンチャーの2種類で、それぞれにベースモデルと「プレミアムスタンダード」「プレミアムライン」の3つのグレードが用意される。

価格は以下の通り。

  • R1250GS:219万2000円
  • R1250GSプレミアムスタンダード:265万6000円
  • R1250GSプレミアムライン:265万6000円
  • R1250GSアドベンチャー:231万9000円
  • R1250GSアドベンチャー プレミアムスタンダード:278万6000円
  • R1250GSアドベンチャー プレミアムライン:278万6000円

さらに、R1250GSには+25万4000円で、R1250GSアドベンチャーには+22万3000円で、往年の「R100GS」をほうふつさせるブラック/イエローのカラーリングをまとう「40years GS edition」も用意されている。

(webCG)

関連キーワード:
R1250GS, BMW, バイク, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • BMW S1000XR(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.11 試乗記 レースシーンで培った4気筒エンジンと高剛性フレームを、臆することなく味わえる「BMW S1000XR」。意のままに操れるスポーツ性と、ロングツーリングでの快適性を併せ持つ新型は、二輪のツーリングカテゴリーに新しいスタンダードを打ち立ててみせた。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る