「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」が日本上陸 7人乗車が可能な高性能モデル

2021.01.12 自動車ニュース
メルセデスAMG GLB35 4MATIC
メルセデスAMG GLB35 4MATIC拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、「メルセデス・ベンツGLB」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。1月末ごろの納車開始がアナウンスされている。

 
「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」が日本上陸 7人乗車が可能な高性能モデルの画像拡大

メルセデスAMG GLB35 4MATICはメルセデスの新世代FFプラットフォーム車にラインナップされる「メルセデスAMG 35」シリーズの6番目のモデルである。先に導入された「A35 4MATIC」や「CLA35 4MATIC」「GLA35 4MATIC」などと同様、高出力エンジンや4WDドライブトレイン、専用セッティングのシャシーによって高い次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性を損なうことがないように配慮されているのが特徴だ。

フロントに横置きされるパワーユニットは最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直4ターボの「M260」エンジン。トランスミッションは8段のデュアルクラッチ式AT「AMGスピードシフトDCT」を組み合わせている。駆動方式は電気機械制御式の多板クラッチを使ったトルク可変配分式4WD「AMG 4MATIC」。車速や前後左右への加速度、舵角、各輪間の回転速度差、ギアポジション、アクセル開度などを参照し、前後100:0から50:50までの範囲でトルクを連続可変配分する。

フロント:ストラット、リア:マルチリンクの足まわりには減衰力連続可変式の「AMGライドコントロールサスペンション」を採用。ブレーキはフロントがモノブロックの対向4ピストンキャリパーと350mm径ディスク、リアが1ピストンフローティングキャリパーと330mmディスクに強化されている。エンジンやトランスミッション、サスペンションなどを統合制御するドライブモードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」に「インディビジュアル」を加えた全5種類。

標準のGLBに設定される「AMGライン」を基本としたエクステリアは、ルーバーを縦にレイアウトしたAMG専用フロントグリルを採用し、よりダイナミックなスタイルに。リアにはクローム仕上げのデュアルエキゾーストエンドを装備する。インテリアではフル液晶メーターの「コックピットディスプレイ」に「スーパースポーツ」をはじめとした3種類のAMG専用表示スタイルを用意している。

価格は737万円。

(webCG)

関連キーワード:
GLB, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース