MINI史上最速の「ジョンクーパーワークスGP」にインスパイアされた特別仕様車が登場

2021.01.22 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション
MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション拡大

BMWジャパンは2021年1月22日、「MINI」に特別仕様車「John Cooper Works GP Inspired Edition(ジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション)」(以下JCW GP IE)を設定し、販売を開始した。同年2月末までの限定生産モデルとなる。

これまで「MINIジョンクーパーワークスGP」専用とされていた「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーを採用。
これまで「MINIジョンクーパーワークスGP」専用とされていた「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーを採用。拡大
ルーフやミラーキャップにはコントラストカラーとして「メルティングシルバーメタリック」が用いられている。
ルーフやミラーキャップにはコントラストカラーとして「メルティングシルバーメタリック」が用いられている。拡大
「MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション」に装着される18インチサイズの「John Cooper Works」カップスポーク2トーンアロイホイール。
「MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション」に装着される18インチサイズの「John Cooper Works」カップスポーク2トーンアロイホイール。拡大
エクステリアがピアノブラックのパーツで引き締められている「MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション」。
エクステリアがピアノブラックのパーツで引き締められている「MINIジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション」。拡大

今回のJCW GP IEは、MINI史上最速モデルとして2019年に全世界限定3000台で販売された「ジョンクーパーワークスGP」(以下JCW GP)に着想を得たというモデル。最高出力231PSの2リッター直4ターボエンジンを搭載する3ドアハッチバック「MINIジョンクーパーワークス」をベースに、「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーやウォークナッパレザーステアリング、「GP」ロゴ付き「ダイナミカレザーコンビネーションシート」など、これまでJCW GP専用とされていた外装色や装備を採用している。

MINI JCW GP IEの主な装備は下記の通り。

  • レーシンググレーメタリックのボディーカラー
  • ピアノブラックMINIエンブレム
  • ジェットブラックエアインテークグリル
  • ピアノブラックエクステリア
  • メルティングシルバーメタリックルーフ&ミラーキャップ
  • ピアノブラックドアハンドル
  • 18インチ「John Cooper Works」カップスポーク2トーンアロイホイール (ランフラットタイヤ、「GP」センターキャップ付き)
  • 専用GPウォークナッパレザーステアリングホイール(3Dプリント技術を採用した「GP」ロゴ入りシフトパドル付き)
  • 「GP」ロゴ付きダイナミカレザーコンビネーション「John Cooper Works」スポーツシート
  • 「GP」ロゴ付きフロアマット
  • 「GP」ロゴ付きドアシルプレート
  • ピアノブラックインテリアサーフェス
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ
  • クルーズコントロール
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)

価格は529万円。納車は2021年1月末以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース