ベースモデル比で出力を75PS向上 240台限定の最速MINI「ジョンクーパーワークスGP」登場

2019.11.29 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークスGP
MINIジョンクーパーワークスGP拡大

BMWジャパンは2019年11月20日、ロサンゼルスモーターショー2019で発表したMINI史上最速モデル「ジョンクーパーワークス(JCW)GP」の受注を開始した。日本へは限定240台を導入し、納車は2020年夏ごろから順次行う。

 
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。拡大
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。拡大
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。拡大
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。拡大
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。拡大
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。拡大
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。拡大

JCW GPはMINIの3ドアに設定され、全世界限定3000台のみ生産されるモデル。同車に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、ベースモデル「MINI JCW」から出力を75PS、トルクを130N・mアップさせ、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生する。ドライビングダイナミクスを最適化することにより、8段ATとの組み合わせで最高速265km/h、0-100km/h加速5.2秒の動力性能を実現。“情熱的な力強いサウンド”を奏でる、スポーツエキゾーストシステムも搭載している。

エンジンマウントやボディー構造、前後サスペンションシステムの構造を見直し、ボディー剛性を強化。サスペンションの変更により最低地上高はベースモデルよりも10mm下げられたほか、スポーツブレーキシステムの採用によりサーキットにおける走行性能を最大限まで高めたと、BMWは同モデルの走行関連のセリングポイントを説明している。

エクステリアでは、新開発の「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーを採用。見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットへと変化する。ルーフとミラーキャップはメルティングシルバーで、エクステリアにアクセントを添える。拡大されたワイドなトレッドに対応させるため、ハンドメイド成型のカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装着。大型化されたフロントエプロン、車両正面からも見えるリアスポイラー、ボンネット上のエアスクープ、「GP」のロゴがあしらわれたラジエーターグリル、ステンレススチール製のダブルテールパイプなど、JCW GP専用の装備も数多く採用されている。

先代モデルと同じくリアシートが取り除かれたインテリアでは、フロントシートの後ろにクロスバーのみをシンプルに採用し、レーシーな雰囲気を演出。六角形の模様が刻まれた金属性のシフトパドルや、ステアリングホイールのスポーク部や助手席まわりのインテリアトリムストリップなど、3Dプリンターにより成形されたパーツも同車の特徴だ。トリムストリップにはシリアルナンバーが刻印されている。

ジョンクーパーワークスGPの主な装備は下記の通り。

  • トルセンLSD 
  • 軽量鍛造18インチホイール
  • 225/35R18スポーツタイヤ
  • 専用サスペンションとキャンバー角の最適設定化
  • スポーツブレーキシステム
  • レーシンググレーメタリックのボディーカラー
  • カーボン製ホイールアーチカバー
  • 専用リアスポイラー
  • 専用デジタルメータークラスター

価格は576万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI MINI 3ドア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.23 試乗記 2021年5月にマイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア」の最新モデルに試乗。従来型からの進化のポイントをチェックするとともに、オールドミニのスタイルを受け継ぎ、3世代20年にわたり歴史を重ねてきた“ニューMINI”の足跡に思いをはせた。
  • MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル 2021.5.25 画像・写真 マイナーチェンジが施された、3タイプのMINI(3ドア/5ドア/コンバーチブル)が上陸。2021年5月25日、国内での販売がスタートした。その発表会場に並べられた、最新型の姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
ホームへ戻る