ベースモデル比で出力を75PS向上 240台限定の最速MINI「ジョンクーパーワークスGP」登場

2019.11.29 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークスGP
MINIジョンクーパーワークスGP拡大

BMWジャパンは2019年11月20日、ロサンゼルスモーターショー2019で発表したMINI史上最速モデル「ジョンクーパーワークス(JCW)GP」の受注を開始した。日本へは限定240台を導入し、納車は2020年夏ごろから順次行う。

 
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。拡大
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。拡大
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。拡大
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。拡大
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。拡大
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。拡大
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。拡大

JCW GPはMINIの3ドアに設定され、全世界限定3000台のみ生産されるモデル。同車に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、ベースモデル「MINI JCW」から出力を75PS、トルクを130N・mアップさせ、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生する。ドライビングダイナミクスを最適化することにより、8段ATとの組み合わせで最高速265km/h、0-100km/h加速5.2秒の動力性能を実現。“情熱的な力強いサウンド”を奏でる、スポーツエキゾーストシステムも搭載している。

エンジンマウントやボディー構造、前後サスペンションシステムの構造を見直し、ボディー剛性を強化。サスペンションの変更により最低地上高はベースモデルよりも10mm下げられたほか、スポーツブレーキシステムの採用によりサーキットにおける走行性能を最大限まで高めたと、BMWは同モデルの走行関連のセリングポイントを説明している。

エクステリアでは、新開発の「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーを採用。見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットへと変化する。ルーフとミラーキャップはメルティングシルバーで、エクステリアにアクセントを添える。拡大されたワイドなトレッドに対応させるため、ハンドメイド成型のカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装着。大型化されたフロントエプロン、車両正面からも見えるリアスポイラー、ボンネット上のエアスクープ、「GP」のロゴがあしらわれたラジエーターグリル、ステンレススチール製のダブルテールパイプなど、JCW GP専用の装備も数多く採用されている。

先代モデルと同じくリアシートが取り除かれたインテリアでは、フロントシートの後ろにクロスバーのみをシンプルに採用し、レーシーな雰囲気を演出。六角形の模様が刻まれた金属性のシフトパドルや、ステアリングホイールのスポーク部や助手席まわりのインテリアトリムストリップなど、3Dプリンターにより成形されたパーツも同車の特徴だ。トリムストリップにはシリアルナンバーが刻印されている。

ジョンクーパーワークスGPの主な装備は下記の通り。

  • トルセンLSD 
  • 軽量鍛造18インチホイール
  • 225/35R18スポーツタイヤ
  • 専用サスペンションとキャンバー角の最適設定化
  • スポーツブレーキシステム
  • レーシンググレーメタリックのボディーカラー
  • カーボン製ホイールアーチカバー
  • 専用リアスポイラー
  • 専用デジタルメータークラスター

価格は576万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • BMW X4 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.17 試乗記 BMWがスポーツアクティビティークーペと呼ぶ「X4」に、ディーゼルモデル「xDrive20d Mスポーツ」が追加された。スタイリッシュなクーペフォルムと最高出力190PSの2リッターディーゼルターボが織りなす、走りの印象は?
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る