ベースモデル比で出力を75PS向上 240台限定の最速MINI「ジョンクーパーワークスGP」登場

2019.11.29 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークスGP
MINIジョンクーパーワークスGP拡大

BMWジャパンは2019年11月20日、ロサンゼルスモーターショー2019で発表したMINI史上最速モデル「ジョンクーパーワークス(JCW)GP」の受注を開始した。日本へは限定240台を導入し、納車は2020年夏ごろから順次行う。

 
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。
「JCW GP」は、ロサンゼルスモーターショー2019で発表されたMINI史上最速モデルだ。拡大
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。
ニュルブルクリンク北コースで、先代の「JCW GP」よりも約30秒速い8分以内のラップタイムを記録したという最新のJCW GP。拡大
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。
インテリアには、3Dプリンターにより成形されたパーツも採用されている。拡大
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。
リアシートは取り外されている。フロントシートの後ろにはクロスバーが備わる。拡大
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生。拡大
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。
足まわりは、軽量な鍛造18インチアルミホイールと225/35R18サイズのスポーツタイヤの組み合わせ。ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。拡大
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。
車両の正面からも見える大型のリアスポイラーをルーフ後方に配置。サイドには「GP」のロゴが入っている。拡大

JCW GPはMINIの3ドアに設定され、全世界限定3000台のみ生産されるモデル。同車に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、ベースモデル「MINI JCW」から出力を75PS、トルクを130N・mアップさせ、最高出力306PS、最大トルク450N・mを発生する。ドライビングダイナミクスを最適化することにより、8段ATとの組み合わせで最高速265km/h、0-100km/h加速5.2秒の動力性能を実現。“情熱的な力強いサウンド”を奏でる、スポーツエキゾーストシステムも搭載している。

エンジンマウントやボディー構造、前後サスペンションシステムの構造を見直し、ボディー剛性を強化。サスペンションの変更により最低地上高はベースモデルよりも10mm下げられたほか、スポーツブレーキシステムの採用によりサーキットにおける走行性能を最大限まで高めたと、BMWは同モデルの走行関連のセリングポイントを説明している。

エクステリアでは、新開発の「レーシンググレーメタリック」のボディーカラーを採用。見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットへと変化する。ルーフとミラーキャップはメルティングシルバーで、エクステリアにアクセントを添える。拡大されたワイドなトレッドに対応させるため、ハンドメイド成型のカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装着。大型化されたフロントエプロン、車両正面からも見えるリアスポイラー、ボンネット上のエアスクープ、「GP」のロゴがあしらわれたラジエーターグリル、ステンレススチール製のダブルテールパイプなど、JCW GP専用の装備も数多く採用されている。

先代モデルと同じくリアシートが取り除かれたインテリアでは、フロントシートの後ろにクロスバーのみをシンプルに採用し、レーシーな雰囲気を演出。六角形の模様が刻まれた金属性のシフトパドルや、ステアリングホイールのスポーク部や助手席まわりのインテリアトリムストリップなど、3Dプリンターにより成形されたパーツも同車の特徴だ。トリムストリップにはシリアルナンバーが刻印されている。

ジョンクーパーワークスGPの主な装備は下記の通り。

  • トルセンLSD 
  • 軽量鍛造18インチホイール
  • 225/35R18スポーツタイヤ
  • 専用サスペンションとキャンバー角の最適設定化
  • スポーツブレーキシステム
  • レーシンググレーメタリックのボディーカラー
  • カーボン製ホイールアーチカバー
  • 専用リアスポイラー
  • 専用デジタルメータークラスター

価格は576万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
  • 第67回:世界を変えたスモールカー「Mini」
    スエズ危機が生んだ英国の小さな巨人
    2020.1.30 自動車ヒストリー 革新的な設計により自動車史に名を残す名車となった「Mini(ミニ)」。小型大衆車の基礎を築いた英国の“小さな巨人”は、どのような経緯で誕生したのか? その背景には、かわいらしい姿からは想像もつかないような不穏な国際情勢と、不世出のエンジニアの存在があった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
ホームへ戻る