ハスクバーナが「スヴァルトピレン125」を発表 125ccの軽快なスクランブラーモデル

2021.02.05 自動車ニュース
ハスクバーナ・スヴァルトピレン125
ハスクバーナ・スヴァルトピレン125拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2021年2月5日、125ccのエンジンを搭載した小型モーターサイクル「スヴァルトピレン125」を発表した。

 
ハスクバーナが「スヴァルトピレン125」を発表 125ccの軽快なスクランブラーモデルの画像拡大
 
ハスクバーナが「スヴァルトピレン125」を発表 125ccの軽快なスクランブラーモデルの画像拡大

スヴァルトピレンは、ハスクバーナがラインナップするスクランブラータイプの二輪モデルであり、軽快なネイキッドモデルとオフロードモデルの特徴を併せ持つ、走りとスタイルを魅力としている。

今回発表されたスヴァルトピレン125は、同シリーズのエントリーモデルにあたり、最高出力15PS/9500rpm、最大トルク12N・m/7500rpmを発生する水冷4ストローク単気筒DOHC 4バルブエンジンを搭載。制動機構にはブレンボのグループブランドであるバイブレ製のブレーキとボッシュ製のABSを、サスペンションにはWP製のフロント倒立フォークとAPEXリアショックを採用しており、優れたブレーキ性能と快適で軽快なハンドリングを実現しているという。

また、上級モデルに通じるLED式のヘッドランプ/テールランプや、ブロンズカラーのエンジンカバー、クラシックなスポークホイールなどの装備も、同車の特徴となっている。

価格は53万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
スヴァルトピレン125, ハスクバーナ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から 2018.3.14 画像・写真 いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.2 試乗記 ハスクバーナの新型ストリートバイク「スヴァルトピレン250」に試乗。“401”や“701”といった既存のモデルよりも排気量は小さいが、侮るなかれ。その走りはツウも納得するだけの刺激に満ちたものだった。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
ホームへ戻る