「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新

2021.02.18 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、「ジャガーFペース」の2021年モデルを導入すると発表し、注文受け付けを開始した。

ジャガーFペースの2021年モデルは内外装デザインを刷新。最新のインフォテインメントシステムや新たなパワートレインを導入するなど全方位的な進化を遂げている。

エクステリアにはシャットラインをなくしてグリル上部まで広げたボンネットやダイヤモンド形状のフロントグリルメッシュ、スリム化した“ダブルJグラフィック”のLEDヘッドライト、「Iペース」と同じサーキットのシケインをイメージしたLEDテールライトなどを採用。ひと目でジャガーと分かるデザインを踏襲しながら、よりダイナミックで力強い印象に仕立てている。

インテリアには収納スペースを拡大したセンターコンソールやステアリングホイールなどに新デザインを採用。クリケットボールのようなステッチを施したシフトセレクターも新しい。ダッシュボードの中央には11.4インチのカーブドタッチスクリーンをレイアウト。インフォテインメントシステムはオンラインサービスを強化した最新の「Pivi Pro」を標準装備する。

3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援装備が全車標準化されているのもトピックだ。

マイルドハイブリッド機構を備えた最高出力204PS、最大トルク430N・mの2リッターディーゼルターボエンジン「D200」を新たに設定し、2リッター直4ガソリンターボの「P200」(同250PS/同365N・m)、5リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン「P550」と合わせてパワーユニットは全3種類展開に。特にV8エンジンはトルクカーブの見直しによって最大トルクが20N・m上乗せされ、最高出力550PS、最大トルク700N・mを発生する。

P550を搭載するハイパフォーマンスモデル「SVR」は、エンジン以外も強化されている。8段ATに2019年7月にドイツ・ニュルブルクリンク北コースでセダン最速ラップを記録した「XE SVプロジェクト8」と同じトルクコンバーターを採用してより高い負荷に対応させたほか、新たにエレクトロニックビークルアーキテクチャー2.0を採用し、トランスミッションとダイナミクスシステムを最適化。ギアチェンジ時にドライブラインの慣性を利用してホイールへ伝達されるパワーを維持し、静止状態からのシャープな加速を可能にするダイナミックローンチ機能の搭載や、従来モデルよりも35%低減した0.36というCd値なども合わせて、0-100km/加速が4.0秒(従来型から-0.3秒)、最高速が286km/h(同+3km/h)という動力性能を手にしている。また、シャシーブッシュの改良やアダプティブダンパーのチューニングによって低速域における乗り心地の改善も図っている。

ボディーカラーは新色の「ブルーファイヤーブルー」「ハクバシルバー」「シャラントグレー」を加えた全11色をラインナップ。そのうち「ウルトラブルー」はSVR専用色となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
【2リッター直4ガソリンエンジン搭載モデル】

  • P250:710万円
  • S P250:750万円
  • R-DYNAMIC SE P250:800万円
  • R-DYNAMIC HSE P250:890万円

【2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • D200:720万円
  • S D200:760万円
  • R-DYNAMIC SE D200:810万円

【5リッターV8ガソリンエンジン搭載モデル】

  • SVR:1350万円

導入記念の特別仕様車も設定

さらにジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年モデルの発売を記念した特別仕様車「ローンチエディション」を30台の台数限定で導入することも発表した。

ベースモデルはR-DYNAMIC HSE P250で、ボディーカラーにはローンチエディション専用の「ポルトフィーノブルー」を採用。インテリアは「シエナタン」でコーディネートしており、さらに以下の特別装備を採用している。

  • ブラックエクステリアパック
  • 22インチ“スタイル1020”15スポークホイール(グロスブラック、サテンブラックインサート)
  • ピクセルLEDヘッドライト(シグネチャーDRL付き)
  • スライディングパノラミックルーフ
  • ルーフレール(グロスブラック)
  • パワージェスチャールーフブラインド&テールゲート
  • 空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)
  • ヘッドアップディスプレイ
  • アクティビティーキー
  • パークアシスト

価格は1068万1000円。

(webCG)

「ジャガーFペース」の2021年モデル。
「ジャガーFペース」の2021年モデル。拡大
 
「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新の画像拡大
 
「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新の画像拡大
 
「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新の画像拡大
 
「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新の画像拡大
 
「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新の画像拡大
FペースSVR
FペースSVR拡大

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ハーレーダビッドソン・ストリートボブ114(6MT)【レビュー】 2021.6.4 試乗記 シンプルで伸びやかな“チョッパースタイル”を特徴とする、ハーレーのクルーザー「ストリートボブ」。従来型を上回る1868ccの特大エンジンが搭載された、最新2021年モデルの走りやいかに?
  • 「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新 2021.2.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、「ジャガーFペース」の2021年モデルを導入すると発表し、注文受け付けを開始した。内外装デザインの刷新に加えて、最新のインフォテインメントシステムや新たなパワートレインを導入するなど全方位的な進化を遂げている。
ホームへ戻る