スズキが鈴木 修 会長の退任を発表 40余年にわたり経営を主導してきた“顔役”が引退

2021.02.24 自動車ニュース

スズキは2021年2月24日、鈴木 修 代表取締役会長の退任を発表した。

鈴木 修氏の会長退任は、同日行われた取締役会において内定したもので、2021年6月開催の第155回定時株主総会において採択される予定となっている。

鈴木 修氏は1978年にスズキ社長に就任。同社のインド進出を主導するなど、40年余りにわたり経営の指揮を執ってきた。2000年に会長兼CEOに就任し、一時は社長職も兼任したものの、2015年には社長職を、2016年にはCEOを後任の鈴木俊宏氏に譲っている。

会長退任後は、同時に退任する原山保人副会長とともに、相談役となる予定だ。

(webCG)

2014年12月の「スズキ・アルト」発表会にて、登壇する鈴木 修氏。
2014年12月の「スズキ・アルト」発表会にて、登壇する鈴木 修氏。拡大

関連キーワード:
スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事