ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場

2021.03.05 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン クロスツーリスモ
ポルシェ・タイカン クロスツーリスモ拡大

ポルシェジャパンは2021年3月5日、電気自動車(EV)「タイカン クロスツーリスモ」の予約受け付けを開始した。

 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
 
ポルシェが「タイカン クロスツーリスモ」を発表 電動の高性能クロスオーバーが登場の画像拡大
「タイカン クロスツーリスモ」の世界初公開の様子。ミュンヘン見本市会場のハイパーボウルスタジオにて、7000万画素のスクリーンを介して行われた。
「タイカン クロスツーリスモ」の世界初公開の様子。ミュンヘン見本市会場のハイパーボウルスタジオにて、7000万画素のスクリーンを介して行われた。拡大

高められたオフロード性能にも注目

タイカン クロスツーリスモは、2019年秋に発表されたEV「タイカン」の派生モデルであり、SUVのテイストを盛り込んだスタイリングや機能性を特徴としている。

デザインは2018年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」に準拠したもので、ワゴンを思わせる後端まで伸びるルーフラインとテールゲートを採用。オフロードテイストを付与するホイールアーチトリムや、フロントとリアのロアエプロン、ガード調の装飾が付いたサイドシルなども特徴となっている。

ユーティリティーもタイカンとは大きく異なり、ラゲッジスペースには1200リッターを超える容量を確保。後席のヘッドルームも47mm拡大しているという。

一方で、走行システムにはタイカンと同じ800Vアーキテクチャーによる電動パワートレインを採用しており、全車に総容量93.4kWhの「パフォーマンスバッテリープラス」を搭載。悪路の走行を考慮し、4WDシステムやアダプティブエアサスペンション、「グラベルモード」が追加されたドライブモードセレクターを標準装備している。

また、より悪路での性能を重視するユーザー向けに、オプションとして最低地上高を最大30mm高める足まわりや、飛び石から車体を保護するためにフロントバンパーとリアバンパーに装着する専用フラップなどからなる「オフロードデザインパッケージ」も用意している。

ラインナップは以下の通り。

【タイカン4クロスツーリスモ】
最高出力:380PS(280kW)
ローンチコントロール時のオーバーブースト出力:476PS(350kW)
0-100km/h加速タイム:5.1秒
最高速度:220km/h
航続距離:389~456km(WLTP)
価格:1309万円

【タイカン4Sクロスツーリスモ】
最高出力:490PS(360kW)
ローンチコントロール時のオーバーブースト出力:571PS(420kW)
0-100km/h加速タイム:4.1秒
最高速度:240km/h
航続距離:388~452km(WLTP)
価格:1502万円

【タイカン ターボ クロスツーリスモ】
最高出力:625PS(460kW)
ローンチコントロール時のオーバーブースト出力:680PS(500kW)
0-100km/h加速タイム:3.3秒
最高速度:250km/h
航続距離:395~452km(WLTP)
価格:2024万円

(webCG)

関連キーワード:
タイカン クロスツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る