ホンダがクルマのオンライン販売を手がける新会社設立

2021.04.01 自動車ニュース

本田技研工業は2021年4月1日、国内における四輪車オンライン販売事業会社 「ホンダセールスオペレーションジャパン」を設立した。

今回発表されたホンダセールスオペレーションジャパンは、本田技研工業の100%子会社。日本における市場環境の変化に合わせて、四輪車のオンライン販売やシェアードサービスの企画立案および運営を担う会社として、従来の「ホンダコンサルティング」から社名、事業内容を変更する形で設立された。四輪車販売のデジタル化や、販売会社(Honda Cars)の間接業務の効率化を推進し、ホンダの四輪販売体制のさらなる強化を目指すという。

所在地は埼玉県和光市で、主な事業内容は以下の通り。

  • 自動車のオンライン販売に関する業務
  • 管理業務サービスの提供
  • 業務効率向上に関する企画・推進業務の受託
  • 経営および事業に関するコンサルティング業務の受託
  • 人材育成・能力開発に関する研修ほか

今後、2021年秋の事業開始に向けて準備が進められる。

(webCG)

ホンダの代表的コンパクトカー「フィット」(※写真はイメージ)。
ホンダの代表的コンパクトカー「フィット」(※写真はイメージ)。拡大

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事