「メルセデス・ベンツGLB」に新グレード「GLB180」「GLB200d 4MATIC」が登場

2021.04.05 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、3列7人乗りのコンパクトSUV「GLB」に新グレード「GLB180」「GLB200d 4MATIC」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車開始はGLB200d 4MATICが同年4月、GLB180が同年7月ごろの予定となっている。

GLB180は、最高出力136PS(欧州仕様)の1.3リッター直4ガソリンターボエンジン「M282」を搭載した新たなエントリーグレードであり、既存のGLB200dに代わって導入されることとなる。

一方、GLB200d 4MATICは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン「OM654q」にフルタイム4WDを組み合わせたモデルである。駆動システムはFFをベースにクラッチを介して後軸に駆動力を伝達するもので、基本となる前後軸間の駆動力配分は、ドライブモードが「エコ/コンフォート」の場合は80:20で、「スポーツ」の場合は70:30。「オフロード」の場合はクラッチがセンターデファレンシャルロックのように働き、前後均等の50:50となる。

またオフロードモード作動時には先述の駆動力配分に加え、ABSの制御なども変更して悪路走行を支援。マルチビームLEDヘッドライトも、自車の直前部を広く明るく照らすモードに切り替わり、障害物の発見をサポートするという。

これらの新グレードを含む、GLBのラインナップと価格は以下の通り。

  • GLB180:530万円
  • GLB200d 4MATIC:553万円
  • GLB250 4TATICスポーツ:704万円
  • メルセデスAMG GLB35 4MATIC:732万円

(webCG)

メルセデス・ベンツGLB
メルセデス・ベンツGLB拡大

関連キーワード:
GLB, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース