「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに

2021.04.19 自動車ニュース
「日産リーフe+ G」。ボディーカラーは新たに設定された「暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラック」。
「日産リーフe+ G」。ボディーカラーは新たに設定された「暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラック」。拡大

日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。

日産リーフe+ アーバンクロム
日産リーフe+ アーバンクロム拡大
 
「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムにの画像拡大
 
「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムにの画像拡大

ひと味違う上質感漂うスタイルに

今回はボディーカラーに「バーガンディー/スーパーブラック」および「暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラック」の2タイプのツートンを追加。ブランドロゴを最新のフラットデザインタイプに刷新したほか、フロントグリルのVモーションをブラックに変更した。

さらに、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンや高性能フィルター、新たにJIS/ISO規格に沿って抗菌効果が実証された素材を使った抗菌仕様のシートやステアリングホイールを一部グレードに標準装備している。

アーバンクロムは専用装備等によるさりげないこだわりによって、ひと味違う上質感漂うスタイルに仕上げたという新グレードだ。

ベースモデルは駆動用バッテリー40kWhモデルが「X Vセレクション」で同62kWhモデルが「e+ X」。漆黒のフロントグリルやブラックカラーのサイドターンランプ付き電動格納式ドアミラー(ドアロック連動格納機能付き)、17インチダークアルミホイールなどを採用したほか、内装ではエアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャー加飾を施している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【40kWh】

  • S:332万6400円
  • X:382万5800円
  • X Vセレクション:406万3400円
  • アーバンクロム:411万8400円
  • G:419万3200円
  • NISMO:429万8800円

【62kWh】

  • e+ X:441万7600円
  • e+アーバンクロム:471万0200円
  • e+ G:499万8400円
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

2タイプのツートンカラーを新設定

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2021年4月19日、今回のリーフの変更に合わせて同車をベースとしたカスタムカー「日産リーフAUTECH」の仕様を一部変更し、同年夏に発売すると発表した。

ベース車と同じくプラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンや高性能フィルター、抗菌仕様のシート&ステアリングホイールを装備したほか、エクステリアカラーに「ステルスグレー(ボディー)×スーパーブラック(ルーフ)」「ガーネットレッド(ボディー)×スーパーブラック(ルーフ)」の2タイプのツートンカラーを追加設定している。

価格は駆動用バッテリー40kWhの「X」が410万0800円で、同62kWhの「e+ X」が469万2600円。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
ホームへ戻る