スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイクに進化

2021.04.26 自動車ニュース
新型スズキGSX-S1000
新型スズキGSX-S1000拡大

スズキは2021年4月26日、ネイキッドタイプの大型二輪モデル「GSX-S1000」に全面改良を施し、同年6月より欧州を始め世界各国で順次販売を開始すると発表した。

 
スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイクに進化の画像拡大

GSX-S1000は、スズキのスーパースポーツバイク「GSX-R1000」のエンジンと車体をストリート向けにチューニングしたモデルであり、メーカーは「高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるストリートバイク」と説明している。今回の全面改良では、従来モデルから扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつデザインが刷新された。

具体的には、スズキの二輪モデルではこれが初採用となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを、縦型2灯式に配列したフロントマスクを採用。車体については「迫力のあるタンクとシャープなカウルラインとのコントラストを強調したデザイン」と説明されている。 

一方、動力性能に関する点では、排気量999ccの水冷直列4気筒エンジンに改良を実施。電子制御スロットルシステムの採用や吸排気系の機構変更によって、欧州における新しい排出ガス規制「ユーロ5」に適合(欧州仕様車)させながら、同時に最高出力の向上も実現している。

電子制御システム「S.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)」の採用もトピックとして挙げられる。同システムは、出力特性を3つのモードから選択できる「SDMS(スズキドライブモードセレクター)」や、選択幅を広げて5段階での介入の度合いを選択可能としたトラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどの制御を統合したもので、ライダーの経験値や路面の変化に応じて車両特性を最適化することで、スポーティーなライディングはもちろん、普段使いにも痛痒(つうよう)なく使えるバイクとしているという。 

【主要諸元(欧州仕様)】

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2115×810×1080mm
  • ホイールベース:1460mm
  • 装備重量:214kg
  • エンジン:999cc水冷4ストローク直列4気筒 DOHC
  • 最高出力:152PS(112kW)/1万1000rpm
  • 最大トルク:106N・m(10.8kgf・m)/9250rpm
  • 燃料タンク容量:19.0リッター

(webCG)

関連キーワード:
GSX-S1000, スズキ, バイク, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・カタナ 2019.5.24 画像・写真 19年のときを経て、最新の二輪技術とともに復活したスズキのネイキッドスポーツモデル「KATANA(カタナ)」。コンセプト然としたフォルムから、細部にいたるまで、随所に作り手のこだわりが込められたそのスタイリングを、写真で紹介する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • ホンダCRF250ラリー<s>(6MT)【レビュー】 2021.4.21 試乗記 ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった新型は、普段使いでも「ホンダの本気」を感じられる一台に仕上がっていた。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る