クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキGSX-S1000(6MT)

包容力がすごい 2021.11.20 試乗記 スーパースポーツゆずりのエンジンを搭載する、スズキの“ストリートファイター”「GSX-S1000」。その最新型を走らせた筆者は、強大なパワーはもちろんのこと、乗り手にとことん優しい性格に感銘を受けたのだった。

ハイパフォーマンスはそのままに

集合場所でスズキGSX-S1000を見て、「オッ!」と思った。「意外にオシャレかも……」。ブルーメタリック(トリトンブルーメタリック)のイメージが強い同車だが、試乗バイクのボディーカラーはシックなつや消しグレー(グラスマットメカニカルグレー)。なんだかヨーロピアンなテイストで、外観デザインのメカメカしさをうまく中和している。先代モデルでは、カウル付きの「S1000F」のほうが日本での人気が高かったが、欧州では逆だったと聞く。そんな嗜好(しこう)が、新しいS1000にも反映しているのかもしれない。

登場から6年がたちブラシュアップされたGSX-S1000のキャッチコピーは、「むき出しの攻撃性の美しさ(The Beauty of Naked Aggression)」。なるほど、いわゆるネイキッドとストリートファイターの違いをわかりやすく示している。

シート高は従来と変わらず810mm。リッター級スポーツバイクとしては優しいほうで、身長165cm昭和体形のライダー(←ワタシです)でも、両足親指の腹が接地する。バーハンドルのグリップ位置は以前より23mm広げられているそうで、やや肩を張って軽く前傾したファイティングポーズをとることになる。

これまで同様、レーシーなアルミツインスパーのフレームに、吸排気系にファインチューニングを施した998cc直列4気筒を搭載。言うまでもなくスーパーバイクたる「GSX-R1000」ゆずりの強心臓で、2005年のK5にオリジンを求められる。スポーツユニットとしての牙を残しつつ、熟成を重ねて使いやすいパワーソースに仕立てられてきた。今回、ピークパワー発生ポイントを1000rpm引き上げ、1万1000rpmで5PSアップの最高出力150PSを、最大トルクは250rpm低い9250rpmで2N・m細い105N・mを得る。

エンジンスペックの変更以上に注目されるのが、スロットル操作とバタフライ開度を電気的につないだライド・バイ・ワイヤ方式の採用である。具体的なユーザーメリットとして、3種類の走りから選択できる、新開発のドライブモード「SDMS(スズキドライブモードセレクター)」が装備された。

2015年にデビューしたスズキのスポーツバイク「GSX-S1000」。その大幅改良モデルが2021年8月に発売された。
2015年にデビューしたスズキのスポーツバイク「GSX-S1000」。その大幅改良モデルが2021年8月に発売された。拡大
小ぶりな六角形の光源を縦に配置したヘッドランプが、強烈な個性を印象づける。
小ぶりな六角形の光源を縦に配置したヘッドランプが、強烈な個性を印象づける。拡大
「GSX-R」ゆずりのエンジンは、最高出力150PSを発生。その出力特性は3種類の走行モードにより変化する。
「GSX-R」ゆずりのエンジンは、最高出力150PSを発生。その出力特性は3種類の走行モードにより変化する。拡大
車体色は写真の「グラスマットメカニカルグレー」のほか、「トリトンブルーメタリック」と「グラススパークルブラック」が選べる。なお、燃料タンクの容量は19リッター。
車体色は写真の「グラスマットメカニカルグレー」のほか、「トリトンブルーメタリック」と「グラススパークルブラック」が選べる。なお、燃料タンクの容量は19リッター。拡大
超ショートなデザインのサイレンサー。国内外の最新の排ガス規制に適合しつつ「魅力的な排気音」が追求されている。
超ショートなデザインのサイレンサー。国内外の最新の排ガス規制に適合しつつ「魅力的な排気音」が追求されている。拡大
「GSX-S1000」は発進時のエンジン回転落ち込みを緩和する機能やトラクションコントロールを装備。パワフルなだけでなくユーザーフレンドリーな点も大きな特徴のひとつとなっている。
「GSX-S1000」は発進時のエンジン回転落ち込みを緩和する機能やトラクションコントロールを装備。パワフルなだけでなくユーザーフレンドリーな点も大きな特徴のひとつとなっている。拡大
メーターパネルの画面表示。走行モードは左側グリップ部のスイッチ操作で切り替える。
メーターパネルの画面表示。走行モードは左側グリップ部のスイッチ操作で切り替える。拡大
ホイール&タイヤのサイズは前後とも17インチ。ABSも両輪に標準装備される。
ホイール&タイヤのサイズは前後とも17インチ。ABSも両輪に標準装備される。拡大
リアのサスペンションはストローク130mmのモノショックタイプ(写真)。フロントフォークは倒立でフルアジャスタブルとなっている。
リアのサスペンションはストローク130mmのモノショックタイプ(写真)。フロントフォークは倒立でフルアジャスタブルとなっている。拡大
「GSX-S1000」の価格は143万円。従来型の111万5640円よりも大幅に高いが、その進化の内容を考えるとリーズナブルともいえる。
「GSX-S1000」の価格は143万円。従来型の111万5640円よりも大幅に高いが、その進化の内容を考えるとリーズナブルともいえる。拡大

1台3役のおもしろさ

シートにまたがって走りだしてみれば、SDMSの効用は圧倒的だ。感覚のにぶさでは人後に落ちない自分でも、それぞれのモードの性格がハッキリとわかる。1台のバイクに、ミドル級スポーツ、日常使いできるリッターバイク、そしてホットでレーシーなマシンがみごとに同居している。

コンフォートを意味するCモードは、パワーの上昇カーブが抑えられた穏やかな特性。排気量なりの太いトルクを享受しながら、街なかライドを気軽に楽しめる。Bモードはベーシックといえど、もう十二分に速い。右手の動きに214kgの物体が素直に従って、乗り手を喜ばせる。混雑した都市部を抜けたなら、常時Bモードでリッターバイクを堪能したい。

アグレッシブファイターの本領を発揮するのがAモード。不用意にスロットルを開けると、乗り手をその場に残したままバイクだけスッ飛んでいきかねない、そんな鋭く骨太な加速に度肝を抜かれる。クラッチ操作することなく、ギアのアップダウンができるクイックシフターとの相性は抜群で、曲がりが続く道ではスロットルを開けたまま、またはブレーキをかけながらパン、パン! と左足だけでシフトを決めてその気になることも可能だが、当初の興奮が冷めると……ちょっと疲れるね。モードセレクターは走行中の切り替えも受け付けるから、Aモードは「いざ!」というときのためにとっておきたい。

見かけ通りのハイパフォーマンスさとは裏腹に、ユーザーに親切なスズキのバイクらしく、S1000はスターターボタンをワンタッチするだけで確実にエンジンが始動するし、低速域では「ローRPMアシスト」機能がエンジン回転数を管理して、エンストしにくくしてくれる。さらに5段階+オフモードを持つトラクションコントロールを使って、好みの強度でエンジンアウトプットの角を丸めることも可能だ。

価格は143万円。戦略的な価格設定が話題になった旧型ほどではないけれど、リッターバイクとしてはリーズナブル。一度に3台のバイクを手に入れられると考えれば、むしろバーゲンかも!?

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

スズキGSX-S1000
スズキGSX-S1000拡大
シート高は810mm。足つき性に配慮された、スリムなデザインとなっている。
シート高は810mm。足つき性に配慮された、スリムなデザインとなっている。拡大
タンデムシート(後席)の下には、わずかながら小物入れスペースが確保されている。ヘルメットホルダーも装備。
タンデムシート(後席)の下には、わずかながら小物入れスペースが確保されている。ヘルメットホルダーも装備。拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2115×810×1080mm
ホイールベース:1460mm
シート高:810mm
重量:214kg
エンジン:998cc 水冷4ストローク直列4気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)
最高出力:150PS(110kW)/1万1000rpm
最大トルク:105N・m(10.7kgf・m)/9250rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:16.6km/リッター(WMTCモード)/21.2km/リッター(国土交通省届出値)
価格:143万円

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。