伊マセラティが中国のファッションブランド「CANOTWAIT_」とのコラボモデル「ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス」を発表

2021.05.20 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス
マセラティ・ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス拡大

伊マセラティは2021年5月19日(現地時間)、中国のストリートファッションブランド「CANOTWAIT_」とのコラボレーションモデル「Ghibli Hybrid Love Audacious (ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス)」を発表した。中国市場において8台の台数限定で販売される。

外装色は「ディジタルオーロラ」と呼ばれる、日の出と幻想的なオーロラの光からインスピレーションを得たというパープルカラー。
外装色は「ディジタルオーロラ」と呼ばれる、日の出と幻想的なオーロラの光からインスピレーションを得たというパープルカラー。拡大
フロントフェンダーの3連エアベント上部に「CANOTWAIT_」のエンブレムが備わる。
フロントフェンダーの3連エアベント上部に「CANOTWAIT_」のエンブレムが備わる。拡大
「ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス」は2021年5月20日にオープンする上海のポップアップストアで展示される。
「ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス」は2021年5月20日にオープンする上海のポップアップストアで展示される。拡大

ファッションブランドCANOTWAIT_は中国で活動をする香港出身の俳優・歌手・トレンドセッター、ウィリアム・チャンが2020年に設立。ストリートファッションにとどまらず、若い富裕層の間で大きく注目されているブランドだ。

今回のギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスは、マセラティのカスタマイズプログラム「マセラティ フオリセリエ」による限定車である。外装色は両ブランド共通のコンセプト“Love Audacious”から生まれた「ディジタルオーロラ」と呼ばれるもので、燃えるようなパープルに静謐(せいひつ)さと安らぎをもたらす青みがかった色をブレンドし、三層コーティングにピンクのガラスフレークが加えられた。これは、視覚的にデジタル効果を生み出し時代感を表現したものであると紹介されている。

フロントフェンダーの3連エアベント上部と、インテリアに「CANOTWAIT_」ロゴバッジが備わっているのも同車の特徴となる。

ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスは、中国で愛を意味する数字520に合わせ、同年5月20日にオープンする上海のポップアップストアに展示。同車の構想やインスピレーション、最終的な生産に至るまでの道のりを体験できるようになっているという。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ ギブリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ オペラネラ 2021.6.25 画像・写真 伊マセラティは2021年6月24日、キング・オブ・ストリートこと藤原ヒロシとのコラボレーションモデル「ギブリ オペラネラ」を日本で公開した。全世界175台の限定生産モデルで、日本では40台のみの販売となるギブリ オペラネラの姿を写真で紹介する。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る