アーティストとコラボした特別仕立ての「アルピーヌA110S」登場

2021.05.28 自動車ニュース
「アルピーヌA110S」の、フェリペ・パントネ氏とのコラボレーションモデル。
「アルピーヌA110S」の、フェリペ・パントネ氏とのコラボレーションモデル。拡大

仏アルピーヌは2021年5月21日、アルゼンチン出身のアーティストであるフェリペ・パントネ氏とのコラボレーションによる、特別な仕立ての「アルピーヌA110S」を発表した。

 
アーティストとコラボした特別仕立ての「アルピーヌA110S」登場の画像拡大
 
アーティストとコラボした特別仕立ての「アルピーヌA110S」登場の画像拡大
 
アーティストとコラボした特別仕立ての「アルピーヌA110S」登場の画像拡大
パントネ氏(写真右)は、アルピーヌとその歴史について研究し、「アルピーヌA110」を実際に運転したうえで、今回のプロジェクトに取り組んだという。
パントネ氏(写真右)は、アルピーヌとその歴史について研究し、「アルピーヌA110」を実際に運転したうえで、今回のプロジェクトに取り組んだという。拡大

今回のコラボモデルは、パントネ氏のシグネチャーカラーでもある黒と白を基調とする塗装をボディーに施すことで、A110のフォルムを際立たせつつ、スピード感を表現しているのがポイント。

塗装はすべてパントネ氏の手作業によるもので、数週間の作業を経て完成される。計4台つくられるうちの3台が販売されるが、グラフィックには微妙な違いが出るため、一台一台がユニークな作品になるという。

パントネ氏はこの取り組みについて、「A110とのコラボレーションにおける自分のアイデアは、“ウルトラダイナミズム”の感覚を呼び起こすこと。何年も前から研究してきた視覚的なスピードが、このコラボモデルに集約されている」などとコメントしている。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース