ボルボがノースボルトとの合弁会社設立を発表 北欧の大手バッテリーメーカーと提携

2021.06.21 自動車ニュース
「VOLVO」と「northvolt」のロゴが書かれたバッテリーセル。
「VOLVO」と「northvolt」のロゴが書かれたバッテリーセル。拡大

ボルボ・カー・グループは2021年6月21日、スウェーデンの大手バッテリーメーカーであるノースボルトと合弁会社を設立し、ボルボとポールスターの次世代電気自動車(EV)に搭載するバッテリーの開発・生産を行う予定であると発表した。 

 
ボルボがノースボルトとの合弁会社設立を発表 北欧の大手バッテリーメーカーと提携の画像拡大
 
ボルボがノースボルトとの合弁会社設立を発表 北欧の大手バッテリーメーカーと提携の画像拡大

ラインナップのフルEV化を加速

ボルボは現在、製品ラインナップの急速な電動化を推し進めており、2030年には販売車両の全量をEVにすることを目標としている。一方で、同社製EVのバッテリーが生産される際に排出される二酸化炭素(CO2)は、そのEVがライフサイクル全体で排出するCO2の大部分を占めており、バッテリーの安定的な調達に加え、バッテリーの調達・生産に起因する環境負荷の低減がひとつの課題となっていた。

今回の提携は、そうした課題の克服にもつながるものであり、ボルボはヨーロッパの自動車製造施設の近くでバッテリーを生産することで、バッテリーの調達・生産段階における環境負荷を削減することができると説明。また「次世代のバッテリーセル技術をノースボルトと共同で自社開発することで、ボルボとポールスターに特化したバッテリーを設計することができる。当社のEV用に自社開発したセルを使うことにより、ボルボとポールスターの顧客が求める航続距離や短い充電時間などの実現に注力することができる」(ボルボのヘンリック・グリーン最高技術責任者)という。

この提携の第1歩として、ボルボとノースボルトはスウェーデンに研究開発センターを設立。2022年に稼働予定の同施設では、両社のバッテリーに関する知識をもとに、次世代のバッテリーセルと車両統合技術の開発を行うとしている。

さらに両社の合弁会社は、2026年の生産開始を目標に、年間最大50ギガワット/時(GWh)の生産能力を持つ「ギガファクトリー」を新設。このバッテリー工場は100%クリーンエネルギーで稼働する予定で、建設地は今のところ未定だが、約3000人の雇用を創出するという。また計画の一環として、ボルボは2024 年からスウェーデンのスケレフテアにある既存のノースボルト・エットの工場より、年間15GWhのバッテリーセルを調達することも検討しているという。 

ボルボの最高経営責任者であるホーカン・サムエルソンは今回の提携について「ノースボルトと協力することで、高品質でより持続可能なバッテリーセルの供給を確保することに加え、当社の社内開発能力を強化することができる」とコメント。また「この合弁会社で開発されたバッテリーセルを搭載する最初のクルマは、『XC60』のEVになる」と述べた。

なお、両社の提携と合弁会社の設立は、取締役会の承認を含む当事者間の最終的な交渉および合意を前提としている。

(webCG)

関連キーワード:
ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事