「シトロエンC5エアクロスSUV」にプラグインハイブリッドモデル登場

2021.06.24 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド
シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド拡大

グループPSAジャパンは2021年6月24日、シトロエンブランドのクロスオーバー「C5エアクロスSUV」にプラグインハイブリッド仕様を追加設定し、販売を開始した。

 
 
「シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド」のリアビュー。「ブラン ナクレ」「グリ プラチナム」「ブルー チジュカ」「ブラン バンキーズ」の4種類の外装色をラインナップしている。
「シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド」のリアビュー。「ブラン ナクレ」「グリ プラチナム」「ブルー チジュカ」「ブラン バンキーズ」の4種類の外装色をラインナップしている。拡大
最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに、同110PSの電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載。容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーはリアシートの下に配置されている。
最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに、同110PSの電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載。容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーはリアシートの下に配置されている。拡大
ボディー左後部に設置された充電ポート。LEDのインジケーターで充電状況が確認できるようになっている。
ボディー左後部に設置された充電ポート。LEDのインジケーターで充電状況が確認できるようになっている。拡大
「シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド」のインテリア。車内の空気を自動的に清浄化するAQS(エアクオリティーシステム)を標準装備している。
「シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド」のインテリア。車内の空気を自動的に清浄化するAQS(エアクオリティーシステム)を標準装備している。拡大
ヒーターとマルチランバーサポート機能を内蔵するシートを運転席に採用。前後のシート表皮は、上質なナッパレザー仕立てとなる。「C5エアクロスSUV」の他のグレードではオプションとなるパノラミックサンルーフが、「プラグインハイブリッド」では標準装備とされている。
ヒーターとマルチランバーサポート機能を内蔵するシートを運転席に採用。前後のシート表皮は、上質なナッパレザー仕立てとなる。「C5エアクロスSUV」の他のグレードではオプションとなるパノラミックサンルーフが、「プラグインハイブリッド」では標準装備とされている。拡大
インストゥルメントパネルには、電気による駆動やエンジンの稼働、エネルギー回生システムの作動状況などが表示されるモードが備わる。
インストゥルメントパネルには、電気による駆動やエンジンの稼働、エネルギー回生システムの作動状況などが表示されるモードが備わる。拡大
渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストやACC、レーンポジショニングアシストなどを統合した「ハイウェイドライブアシスト」を装備。運転支援システムも充実している。
渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストやACC、レーンポジショニングアシストなどを統合した「ハイウェイドライブアシスト」を装備。運転支援システムも充実している。拡大

最大64kmのEV走行が可能

今回導入された「C5エアクロスSUVプラグインハイブリッド」は、最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに同110PSの電動モーター、外部充電が可能な容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。システム全体で最高出力225PS、最大トルク360N・m(フランス本社公称値)を発生する。トランスミッションにはトルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた、PHEV専用8段AT「e-EAT8」を採用している。

バッテリーはリアシート下に搭載。リアの重量増に対応するため、リアサスペンションはトーションビーム式からマルチリンク式に変更された。バンプストップラバーの代わりにセカンダリーダンパーを使った「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」も組み込まれている。

ディーゼルエンジン版が61:39、ガソリンエンジン版が60:40となる前後重量配分に対して、プラグインハイブリッド版は56:44となる。これにより、ハンドリングと乗り心地の両面において、走行性能がレベルアップしているという。

WLTCモードで64km(最高速度135km/h)を電気のみで走行できる「エレクトリック」と、エンジンとモーターを組み合わせ効率よく駆動力を発生させる「ハイブリッド」、そしてダイナミックな走行のためにエンジン主体で駆動する「スポーツ」の3つの走行モードが用意されている。純EVとして走行を行うエレクトリックモードを標準状態とするが、ドライバーは走行時のシチュエーションに合わせて3つのモードを任意に切り替えることができる。メーター上でバッテリー走行距離が0kmと表示されていても電力は保持され、常に何らかのハイブリッド走行が行えるようになっている。

充電は普通充電のみに対応しており、満充電にかかる時間は200V 3kWで約5時間、200V 6kWで約2時間半となる。充電口にはLEDのインジケーターが備わり、白がスタンバイ、緑の点滅が充電中、緑の点灯が充電完了、青が充電予約中を示す。

遠隔で充電をコントロール

インテリアにおいてはナッパレザー表皮の「アドバンストコンフォートシート」を標準装備。後席は各席が個別に調整できる、独立タイプの3座レイアウトとなる。インストゥルメントパネルには12.3インチのフルデジタルメーターを、ダッシュボード中央には8インチのタッチスクリーンを配置。直感的に操作できるユーザーインターフェイスの採用も特徴としてアナウンスされている。

メーター表示には、電気による駆動やエンジンの稼働状況、エネルギー回生システムの作動などを可視化するモードを用意。iOSおよびAndroid OSに対応する無料のスマートフォンアプリ「My Citroën」を利用し、リモートチャージや充電状況の確認、遠隔でエアコンを作動させることができる「eリモートコントロール」機能も搭載している。

渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストやACC、車線内の任意の位置をキープしながら走行するレーンポジショニングアシストなどを統合した「ハイウェイドライブアシスト」を装備するほか、アクティブセーフティーブレーキやブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビームアシスト、車庫入れや縦列駐車のステアリング操作を自動で行うパークアシストなど、充実した運転支援システムも同車の特徴とされる。

外装色は「ブラン ナクレ」「グリ プラチナム」「ブルー チジュカ」「ブラン バンキーズ」の4種類をラインナップしている。

価格は550万円。

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る