ボルボが次世代モデルの安全に関する取り組みを発表 走行中のクルマから得たリアルタイムデータを活用

2021.07.01 自動車ニュース
 
ボルボが次世代モデルの安全に関する取り組みを発表 走行中のクルマから得たリアルタイムデータを活用の画像拡大

ボルボ・カーズは2021年6月30日(現地時間)、次世代ボルボ車の安全に関する取り組みについて発表した。

 
ボルボが次世代モデルの安全に関する取り組みを発表 走行中のクルマから得たリアルタイムデータを活用の画像拡大

次世代のボルボ車は最先端のソフトウエアとハードウエアだけでなく、走行中のクルマから取得したリアルタイムデータを駆使し、安全に関する機能を継続的かつ迅速に改善。ボルボ史上最も安全なクルマになる予定だ。データの処理はユーザーの同意を得たうえで実施する。

Luminar(ルミナ―)が提供する高解像度のLiDAR(ライダー)による車外環境のデータも含まれており、ボルボのエンジニアはこれらを活用して自律走行の展開を安全に進めることができる。世界中のボルボユーザーが何百万kmもの距離を走行して得た有益なデータを活用することで、限られた台数のクルマを使ってテストコースで検証するよりもスピーディーに自律走行の検証ができるという。

こうして開発されたシステムをアップデートするデータや新機能は、無線アップデート(OTA)を通じて展開され、ボルボ車の安全性を段階的に向上させることが可能となる。また、この新しいアプローチによって開発される最初のモデルは、電動車専用の新しい技術をベースとしたSUVとなる予定だ。

ボルボとZenseact(ゼンセアクト)はリアルタイムデータを処理するために、今後数年以内に200ペピバイト(2億2500万ギガバイト)以上の容量を持つデータファクトリーに投資。データ収集には人工知能(AI)を活用して効率を高める。

次世代の電気自動車のフラッグシップSUVには、ルミナ―のLiDARを含めた最先端のセンサーに加えて、「NVIDIA DRIVE Orinシステム・オン・チップ」を搭載した自律走行用コンピューターを標準装備。この最先端ハードウエアと、ボルボとゼンセアクト、ルミナ―が開発した新しいソフトウエアとを組み合わせることで、死亡・重傷事故だけでなく事故そのものを減らすことが期待されている。

(webCG)

関連キーワード:
ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事