日本独自企画の特別仕様車「シトロエンC3モダンサロン」発売

2021.07.01 自動車ニュース
シトロエンC3モダンサロン
シトロエンC3モダンサロン拡大

グループPSAジャパンは2021年7月1日、シトロエンのコンパクトカー「C3」に特別仕様車「C3 MODERN SALON(モダンサロン)」を設定し、販売を開始した。

ボディーカラーは「サーブル」(写真)と「ブランバンキーズ」の全2色。
ボディーカラーは「サーブル」(写真)と「ブランバンキーズ」の全2色。拡大
 
日本独自企画の特別仕様車「シトロエンC3モダンサロン」発売の画像拡大
 
日本独自企画の特別仕様車「シトロエンC3モダンサロン」発売の画像拡大
 
日本独自企画の特別仕様車「シトロエンC3モダンサロン」発売の画像拡大
「C3モダンサロン」。写真はボディーカラーが「ブランバンキーズ」のもの。
「C3モダンサロン」。写真はボディーカラーが「ブランバンキーズ」のもの。拡大
「C3モダンサロン」の購入者には特製のリラックスクッション(写真)がプレゼントされる。カラーはオレンジまたはブルーで、いずれかの2個セットとなっている。
「C3モダンサロン」の購入者には特製のリラックスクッション(写真)がプレゼントされる。カラーはオレンジまたはブルーで、いずれかの2個セットとなっている。拡大

今回のシトロエンC3モダンサロンは、日本市場のために独自に企画された特別仕様車。第2次世界大戦の戦後復興期、当時の最先端素材だったプライウッド(積層合板)やFRP(繊維強化樹脂)を意欲的に取り入れつつ、使う人の気持ちと実用性にも配慮していた“ミッドセンチュリーモダン”デザインの家具が、シトロエンの開発理念にシンクロするとの観点から、そのテイストを取り入れたドレスアップが施されている。

ベースとなるのは「C3シャイン」。ミッドセンチュリーモダンテイストの意匠を施したフォグランプベゼルやエアバンプアクセント、Cピラー部のステッカー、ダッシュボードパネルが装着される。

ボディーカラーは「サーブル」と「ブランバンキーズ」の全2色。ベース車のシャインではボディーカラーが「スプリングブルー」かブランバンキーズのものに限って組み合わされていた「アドバンストコンフォートシート」がサーブルの車両でも選べるようになっている。

なお、「アクティブセーフティブレーキ」や「LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム」「フロント&バックソナー」「バックカメラ」「16インチアロイホイール」など、主要装備についてはシャインと変わらない。

価格はシャイン(258万8000円)の13万7000円高となる272万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る