「ジープ・ラングラー ルビコン」にソフトトップ採用の限定モデルが登場

2021.07.15 自動車ニュース
ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ
ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ拡大

FCAジャパンは2021年7月14日、ジープブランドの本格クロスカントリーモデル「ラングラー ルビコン」にオープントップ仕様の限定車「Soft Top(ソフトトップ)」を設定し、同年7月24日に100台限定で販売すると発表した。

ひとりでも開閉操作が行える手動式の「プレミアムサンライダーソフトトップ」が採用された「ラングラー ルビコン ソフトトップ」。
ひとりでも開閉操作が行える手動式の「プレミアムサンライダーソフトトップ」が採用された「ラングラー ルビコン ソフトトップ」。拡大
ジープの起源を示す「1941」ロゴ入りボディーサイドストライプ。
ジープの起源を示す「1941」ロゴ入りボディーサイドストライプ。拡大
装備は4ドア仕様の「ラングラー アンリミテッド ルビコン」に準じたもので、ヒーテッドステアリングホイールやフロントシートヒーター付きレザーシートなどが採用されている。
装備は4ドア仕様の「ラングラー アンリミテッド ルビコン」に準じたもので、ヒーテッドステアリングホイールやフロントシートヒーター付きレザーシートなどが採用されている。拡大

今回登場したジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップは、悪路において極低速走行を可能とする専用の駆動システムや、高いグリップ力を発揮するマッドテレインタイヤ、ホイールトラベル量を増大させられるスタビライザー解除機能を装備するなど、ラングラーシリーズのなかでもひと際高いオフロード性能を誇る2ドア・ショートホイールベース仕様のラングラー ルビコンがベースとなる。

ルーフは開閉操作がひとりでも行える手動式の「プレミアムサンライダーソフトトップ」で、頭上だけを開くことやフルオープンなど、気分に応じてルーフの開閉スタイルを自由に選択することができる。

エクステリアにおいては、通常のラインナップには設定されてないミリタリー感が漂うボディーカラー「サージグリーンC/C」のほか、ジープの起源を示す「1941」ロゴ入りボディーサイドストライプが特別採用されている。

装備は4ドア仕様の「ラングラー アンリミテッド ルビコン」に準じており、ヒーテッドステアリングホイールやレザーシート、フロントシートヒーター、8.4インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム「Uconnect」、サブウーハー付きアルパイン製プレミアムスピーカーなどが標準装備される。

価格は622万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る