ポルシェが千葉・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」をオープン

2021.07.30 自動車ニュース
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京拡大

ポルシェ・ジャパンは2021年7月29日、会員制のブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を同年10月1日にオープンすると発表。同日、プログラムの予約受け付けを開始した。

 
ポルシェが千葉・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」をオープンの画像拡大
 
ポルシェが千葉・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」をオープンの画像拡大
 
ポルシェが千葉・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」をオープンの画像拡大
 
ポルシェが千葉・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」をオープンの画像拡大

エクスペリエンスセンターは、ポルシェがグローバルに展開するスポーツドライビングとブランド体験を提供する施設である。ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は世界で9番目、日本では初の同センターとして千葉県木更津市にオープン。施設にはトラックのほかにも、カフェ「The 956 Cafe」やレストラン「Restaurant 906」、ポルシェグッズの販売ストア、ミーティングや研修を行うミーティングルームなどが併設されている。

提供するプログラムとしては、スポーツカーの性能を存分に体験できるトラックコンテンツや、本格的なドライビングレクチャーなどを用意。ドライビングレクチャーはオンロード、オフロードともに90分のプログラムを基本としており、「718」「911」「マカン」「カイエン」「パナメーラ」「タイカン」から車両の選択が可能。45分間で車両を乗り換えるミックスプログラムも用意している。料金は「718T」が4万9500円、「911カレラ」で6万0500円からとなっている。

またこれらのコンテンツの提供のため、敷地内には2.1kmの周回距離を持つハンドリングトラックや、キックプレート、ローフリクションハンドリングなど6つの施設/設備を用意。特にハンドリングトラックは、独ニュルブルクリンクの「カルーセル」や、米ラグナセカの「コークスクリュー」など、著名なサーキットの“名物コーナー”を再現したものとなっている。またポルシェ・エクスペリエンスセンター東京ならではの特徴として、他のエクスペリエンスセンターが平面的なトラックとなっているのに対し、同センターは元の地形を生かした三次元トラックとなっており、プログラムの参加者は高低差のあるコースでのドライビングを体験できるという。

このほかにも、「919ハイブリッド」などの歴代ルマン24時間レース優勝車を含め、さまざまな車両で国内外のサーキットを走行できるシミュレーターラボも開設。料金は30分で4500円からとなっている。

各種プログラムの申し込みは同センターのオフィシャルサイトから。

(webCG)

関連キーワード:
ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事