「最善か無か」のプロダクトはここで生まれる メルセデス・ベンツの最新テストコースを訪ねる

2021.08.18 デイリーコラム

試験路の総延長は68km

2021年7月下旬に参加した「メルセデス・ベンツEQS」の国際試乗会の最終日、スイス・チューリッヒから北に110kmほど走り、メルセデス・ベンツの最新開発拠点である「TTC(テスト&テクノロジーセンター)」を訪れた。

このTTCは、ドイツ・シュトゥットガルトから南に約130km、スイスとの国境にほど近いドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州の田舎町であるイメンディンゲンの丘陵地帯に2018年末にオープン。メルセデスは、もともとは旧ドイツ軍の訓練施設があったこの場所に、地元自治体や個人から取得した土地を加えて、計520万平方メートルもの面積を持つ巨大施設を2015年に建設開始。総投資額は2億ユーロ(約260億円)以上にも達する。

今回は2022年からEQSに搭載が予定されている、レベル3の自動運転技術「DRIVE PILOT(ドライブパイロット)」を体験する目的でTTCを訪れたのだが、厳重なセキュリティーを抜けてテストコースエリアに入り、なによりも驚かされたのはその規模の大きさだ。世界には上には上があるのかもしれないが、TTCは私が今までに目にしてきたどこのテストコースよりも大きい。

ここには、10万平方メートルの面積を持つ総合試験路面「Berthaエリア」や、傾斜率が40%と70%の斜面があるオフロードコースの「4×4モジュール」、ドイツ南部シュヴァーベン地方の勾配がきついアルプスの道を再現した「アルプス耐久コース」、ニュルブルクリンクを模した高低差31m、長さ4.1kmの「ハンドリングコース」、直径が260mもある「スキッドパッド」、一周4kmの「高速周回路」、傾斜率10~20%、全長7.1kmの「ラフロードサーキット」、さまざまな路面を再現し、快適性の評価に用いる「コンフォートモジュール」、Car-to-Xコミュニケーションやさまざまな運転支援システムのテストに用いる「市街地コース」、横風のテストに用いる「直線路」、そしてウエット路面を再現できる「ウエットハンドリングコース」と、ありとあらゆる試験路が用意されている。

試験路の総延長は、なんと68km! 高台から眺めてみたが、その光景はまるで1980年代にはやった巨大迷路(古い!)を何百倍にもスケールアップしたようで、もはや地上からでは全体像を把握することはできないレベルである。

メルセデス・ベンツの最新開発拠点である「TTC(テスト&テクノロジーセンター)」。総面積は520万平方メートルにも達する。
メルセデス・ベンツの最新開発拠点である「TTC(テスト&テクノロジーセンター)」。総面積は520万平方メートルにも達する。拡大
総合試験路面「Berthaエリア」の様子(ごく一部)。ここでは車載センサーが信号機をきちんと読み取れるかどうかをテストしている。
総合試験路面「Berthaエリア」の様子(ごく一部)。ここでは車載センサーが信号機をきちんと読み取れるかどうかをテストしている。拡大
ブレーキによるエネルギー回生が必須の電動パワートレインをテストするには、写真のような長い下り坂が欠かせない。
ブレーキによるエネルギー回生が必須の電動パワートレインをテストするには、写真のような長い下り坂が欠かせない。拡大
メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG EQS53 4MATIC+ 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。AMGが手がけた最高出力761PS、最大トルク1020N・mのパワーユニットを搭載する、AMG EQS53 4MATIC+の姿を写真で紹介。
  • メルセデス・ベンツが新型電気自動車「EQE」を発表 2022年に販売をスタート 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車(EV)「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。ボディーサイズは、先に登場したEV「EQS」よりもひとまわり小さい設定になっている。
  • AMGが手がけたピュアEV「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」発表 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、高性能電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。オプションの「ダイナミックプラスパッケージ」装着車は、最高出力761PS(560kW)、最大トルク1020N・mを発生する。
  • メルセデス・ベンツEQE 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。容量90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTPモードで最大660kmの航続距離を誇るEQEの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツ・コンセプトEQG 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーが「メルセデス・ベンツGクラス」の電気自動車バージョン「コンセプトEQG」を世界初公開した。4輪それぞれにモーターを搭載するほか、2段のギアボックスを採用し、“G”の名にふさわしいオフローダーに仕上がっているという。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る