トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝

2021.08.23 自動車ニュース
優勝を喜ぶマイク・コンウェイ選手(左)と小林可夢偉選手(中央)、ホセ・マリア・ロペス選手(右)。
優勝を喜ぶマイク・コンウェイ選手(左)と小林可夢偉選手(中央)、ホセ・マリア・ロペス選手(右)。拡大

2021年8月21日~22日(現地時間)、フランスのサルトサーキットでFIA世界耐久選手権第4戦 第89回ルマン24時間レースの決勝が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(以下、トヨタ)のマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組(7号車)が優勝。2位には2ラップ差でセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組が入り、トヨタがワン・ツーフィニッシュを果たした。

 
トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝の画像拡大
 
トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝の画像拡大
 
トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝の画像拡大
 
トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝の画像拡大
 
トヨタがルマン24時間レースで4連覇を達成 小林可夢偉選手が初優勝の画像拡大

アクシデントとトラブルに見舞われながらの勝利

トップカテゴリーの車両規定がLMP1からLMハイパーカーに変わって、最初の開催となる同年のルマン24時間レースに、トヨタは2台の「GR010 HYBRID」を投入。予選では7号車が1番手、前年の優勝者がドライブする8号車が2番手となり、トヨタはフロントローを独占して決勝に臨んだ。

決勝は強い雨の中でのスタートとなり、開始直後に8号車がグリッケンハウスの708号車に追突されて最後尾まで後退するというトラブルに見舞われたものの、猛烈な追い上げで上位に復帰。スローゾーンやセーフティーカーの導入を受けながら、7号車と8号車が首位を争う展開となった。

前半は降雨によるアクシデントなどで順位が入れ替わる場面も見られたが、折り返しを過ぎるころには7号車が1番手、8号車が2番手というポジションが定位置となり、また3番手以下との差も3周以上に広がる。

トラブルが起きたのは残り6時間を切ったころで、8号車の燃料システムに不具合が発生。給油しても既定の周回数をこなせなくなり、短い間隔で給油を行わなければならないという事態に陥った。程なくして予定の周回をこなせるようになったものの、今度は7号車に同じトラブルが発生。このときは8号車に施した対処法を用いることで、ロスは最小限に食い止められた。

最後のスティントは、7号車を小林選手、8号車を中嶋選手がドライブ。最後の数周は2台によるランデブー走行を披露し、チェッカードフラッグを受けた。

これにより、トヨタはルマンで4連覇を達成。初優勝を果たした小林選手は日本人4人目のルマンウィナーとなった。

(webCG)

関連キーワード:
モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事