ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸

2021.09.15 自動車ニュース
ジープ・グラディエーター
ジープ・グラディエーター拡大

FCAジャパンは2021年9月15日、ジープブランドのピックアップトラック「グラディエーター」を同年冬に国内導入すると発表した。

 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大

グラディエーターは、現行型(JL型)の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」をベースとするピックアップトラック。2018年11月のロサンゼルスモーターショーでデビューした(関連記事)。

フロントセクションやドア、インテリアなどのデザインはラングラー アンリミテッドと同じだが、ホイールベースが50cmほど延長されて後部は荷台になっているのが特徴。ほかラングラーシリーズと同様、優れた悪路走破性がセリングポイントとされている。

日本仕様車のスペックや装備、発売日、価格については今冬の正式発表時に明らかになる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
グラディエーター, ジープ, 自動車ニュース