クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第236回:モテない永久機関

2022.07.11 カーマニア人間国宝への道

待ち合わせは手前の広いところで

担当サクライ君より、久しぶりにメールが届いた。

「近いうちに『ジープ・グラディエーター』をご用意できますが、お乗りになりますか」

もちろん乗る乗る~! 

グラディエーターについては、日本導入のニュースを見て以来、ひそかに胸をときめかせていた。なぜならそれは、いま世界で一番モテそうなクルマに思えたから!

なぜグラディエーターが世界一モテそうなのか? 理由は、次のようなものである。

その1:現在の若い女子がクルマに求めるのは、繊細な美ではなく、自分を守ってくれそうなデカさや頑丈さだ。グラディエーターほどデカくて頑丈そうなクルマはない。ゆえに世界一。

その2:なんとなく、岩城滉一氏が乗りそうな予感がするから。

すべては私の妄想だが、とにかくグラディエーターは世界一モテる(推定)。カーマニアとして、そういうクルマに乗ってみないテはない!

ただ、グラディエーターの全長は5.6mに達する。いつものように自宅前の路地で切り返すのは危険な気がしたので、サクライ君とは、手前の広いところで待ち合わせすることにした。

いま世界で一番モテそうなクルマに思える「ジープ・グラディエーター」で、夜の首都高に出撃。今回は世界一モテないカーマニアとしてその筋に名をとどろかせる、webCG編集部のほった君(写真左)も同行した。
いま世界で一番モテそうなクルマに思える「ジープ・グラディエーター」で、夜の首都高に出撃。今回は世界一モテないカーマニアとしてその筋に名をとどろかせる、webCG編集部のほった君(写真左)も同行した。拡大
日本導入のニュースを見て以来、ひそかに胸をときめかせていたのが「ジープ・グラディエーター」である。この日は首都高の辰巳PAでイエローの「シボレー・コルベット」と遭遇。図らずもアメリカを代表する両横綱の共演となった。
日本導入のニュースを見て以来、ひそかに胸をときめかせていたのが「ジープ・グラディエーター」である。この日は首都高の辰巳PAでイエローの「シボレー・コルベット」と遭遇。図らずもアメリカを代表する両横綱の共演となった。拡大
「グラディエーター」のインストゥルメントパネルは、基本的に現行型の「ラングラー」と同じデザイン。日本にはトップグレード「ルビコン」のみが導入されている。導入当初の車両本体価格は770万円だったが、現在は840万円に値上がりした。
「グラディエーター」のインストゥルメントパネルは、基本的に現行型の「ラングラー」と同じデザイン。日本にはトップグレード「ルビコン」のみが導入されている。導入当初の車両本体価格は770万円だったが、現在は840万円に値上がりした。拡大
ジープ の中古車

乗っちゃうと意外と小回りが利く

当日、午後8時。自宅を出て歩くこと約100m。そこには巨大な青いマシンが待ち構えていた。

サクライ:今日は、ほったも一緒です。
オレ:えっ! なんとぉ!
ほった:こんばんは。ご無沙汰してます。

うおおおお! webCG編集部のほった君! ホンモノのほった君だぁ!

ほった君は、数年前に私の主催イベントで行った「モテないカーマニア選手権」のチャンピオン。つまり世界一モテないカーマニアである。世界一モテるクルマに、世界一モテないカーマニアが乗ってやってきたなんて、なんてステキなんでしょう!

私はウキウキしながらグラディエーターを発進させた。まずは方向転換だ。

グラディエーターのホイールベースは3490mm。ミリ単位で呼ぶ必要があるとは思えないほど長い。方向転換がどれくらい大変なのか想像もつかないが、実際やってみると、意外と簡単にできてしまった。

案外乗りやすいなぁと思いながら、首都高に向かう。路地を曲がる時は、いつもより遅めにハンドルを切りながら、ミラーを確認しつつ通過したが、ボディーの見切りが抜群にいいせいか、「うわ、ギリギリ!」という事態がまったく起きない。

1990年代、岩城滉一氏は「ハマーH1」を住宅街で転がしつつ、「乗っちゃうと、意外と小回り利くんですよ」的なことをテレビでのたまったらしく、知り合いの女性(当時24歳くらい)はそれを見て「ステキ!」と思ったというが、私もグラディエーターのオーナーとなり、同じことをつぶやけば、「ステキ!」と思ってもらえるのだろうか。

取りあえず助手席のほった君は、ステキとは言ってくれず、ただひたすらよくわからないアメ車のうんちくを語っているが、ほった君もあの「ダッジ・バイパー」を売り払って、コレに乗り換えればモテるのだろうか!?

「グラディエーター」のサイズを考慮し、いつもと同じ自宅前に来てもらうのではなく、手前の広いところで待ち合わせすることに。そこでは巨大な青いマシンとともに、webCG編集部のほった君が笑顔で出迎えてくれた。ほった君は数年前に私の主催イベントで行った「モテないカーマニア選手権」のチャンピオンである。
「グラディエーター」のサイズを考慮し、いつもと同じ自宅前に来てもらうのではなく、手前の広いところで待ち合わせすることに。そこでは巨大な青いマシンとともに、webCG編集部のほった君が笑顔で出迎えてくれた。ほった君は数年前に私の主催イベントで行った「モテないカーマニア選手権」のチャンピオンである。拡大
東京・杉並の住宅街を行く「グラディエーター」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5600×1930×1850mmで、ベースとなった「ラングラー アンリミテッド」よりも全長が730mm長い。しかし、ボディーの見切りが抜群にいいせいか岩城滉一氏よろしく、「乗っちゃうと、意外と小回り利くんですよ」的なセリフも言えそうだ。
東京・杉並の住宅街を行く「グラディエーター」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5600×1930×1850mmで、ベースとなった「ラングラー アンリミテッド」よりも全長が730mm長い。しかし、ボディーの見切りが抜群にいいせいか岩城滉一氏よろしく、「乗っちゃうと、意外と小回り利くんですよ」的なセリフも言えそうだ。拡大
首都高の辰巳PAで「グラディエーター」の荷台に乗ってみた。荷台の内寸は奥行きが1531mm、最大幅が1442mm、荷台の最大積載量は250kgである。普通貨物自動車として1ナンバー登録されるため、車検は毎年となる(初回のみ初度登録から車検は2年有効)。
首都高の辰巳PAで「グラディエーター」の荷台に乗ってみた。荷台の内寸は奥行きが1531mm、最大幅が1442mm、荷台の最大積載量は250kgである。普通貨物自動車として1ナンバー登録されるため、車検は毎年となる(初回のみ初度登録から車検は2年有効)。拡大
リアウィンドウ中央に、スライド式の窓が備わっている。顔を出すのがギリギリの大きさではあるものの、換気などに役立ちそうだ。そのリアウィンドウからの車体後方視界は良好とはいえないが、「パークビュー リアバックアップカメラ」が備わっているので安心して後退できる。
リアウィンドウ中央に、スライド式の窓が備わっている。顔を出すのがギリギリの大きさではあるものの、換気などに役立ちそうだ。そのリアウィンドウからの車体後方視界は良好とはいえないが、「パークビュー リアバックアップカメラ」が備わっているので安心して後退できる。拡大

問題は荷台に何を載せるか

ほった君の機関銃のようなウンチク話に耳を傾けている間に、グラディエーターは首都高に乗り入れていた。

アクセルを深く踏み込むと、3.6リッターV6とは思えないほど加速がイイ。そして乗り心地もイイ! ついでに直進安定性が驚くほどイイ! さすが超ロングホイールベース! かといってコーナリングが「どっこいしょ」なわけでもなく、ハンドルを切れば特段の遅れなく曲がってくれる。

現行型の「ラングラー」は、本格的オフロード4WDとは思えないほど快適性が高いが、そのなかでもグラディエーターが一番快適性が高いかも!? 見た目はウルトラハードなのにこんなに楽チンだなんて、さすが世界一モテるクルマは奥が深い! オーナーはラクしてモテるって寸法か! うらやましいなぁ。

オレ:ほった君もさ、こういうクルマに乗り換えたらどうかな。
ほった:でもこれじゃラクすぎません?
オレ:確かにラクすぎて書くことはないかもしれないけど、今よりシアワセになれそうだよ。
ほった:そうですかねぇ。
オレ:ほった君はバイパー以外、どんなクルマが自分に似合うと思うの。
ほった:うーん、「ウニモグ」とかですか?
オレ:ウニモグはとってもよく似合うよ! でも、最高速が遅すぎない?
ほった:いろいろありますが、おおむね70km/hくらいですよね。
オレ:それじゃシアワセは遠のく一方だよ。

そのような話をしているうちに、グラディエーターは辰巳PAに到着。バック駐車も楽チンで、一発で枠にビタッと収まってしまった。

グラディエーター、なんて取り回しがいいんだろう。このクルマを買えば、どんなカーマニアもシアワセになれるのかもしれない……。

ただ、私の場合、荷台に載せるものがない。セクシージャンボこと愛車の「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」も、まったく載せるものがなかった。ほった君には、載せるものがあるのだろうか。

ほった:載せるとしたらバイクくらいでしょうか。でもバイクは自走できますから、載せる意味がないですね。

モテないカーマニアは、モテるクルマとは縁遠い宿命なのだった。

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

ホイールベースは3490mmで、「ラングラー アンリミテッド」より480mmも長い。セクシージャンボことわが愛車「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」がホイールベース内にきっちりと収まってしまう。
ホイールベースは3490mmで、「ラングラー アンリミテッド」より480mmも長い。セクシージャンボことわが愛車「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」がホイールベース内にきっちりと収まってしまう。拡大
本格的なオフロード走行もこなせる標準装備のFOXファクトリー製パフォーマンスショックアブソーバーをのぞき込みながら、ウンチクが止まらないバイパーほった君。ちなみに「グラディエーター ルビコン」の“3アングル”は、アプローチが43.4度、ランプブレークオーバーが20.3度、デパーチャーが26度とのこと。(数値はいずれも米国仕様)
本格的なオフロード走行もこなせる標準装備のFOXファクトリー製パフォーマンスショックアブソーバーをのぞき込みながら、ウンチクが止まらないバイパーほった君。ちなみに「グラディエーター ルビコン」の“3アングル”は、アプローチが43.4度、ランプブレークオーバーが20.3度、デパーチャーが26度とのこと。(数値はいずれも米国仕様)拡大
荷台は耐傷性、耐食性を高めるベッドライナーで覆われている。キャビンのルーフは「フリーダムトップ」と呼ばれる脱着式の3ピースモジュラーハードトップになっている。
荷台は耐傷性、耐食性を高めるベッドライナーで覆われている。キャビンのルーフは「フリーダムトップ」と呼ばれる脱着式の3ピースモジュラーハードトップになっている。拡大
見た目はウルトラハードなのに運転が楽チンな「グラディエーター」。さすが世界一モテるクルマは奥が深い。バック駐車も余裕で、枠にビタッと一発で収められた。でも、ほった君も私も荷台に載せるものはない。
見た目はウルトラハードなのに運転が楽チンな「グラディエーター」。さすが世界一モテるクルマは奥が深い。バック駐車も余裕で、枠にビタッと一発で収められた。でも、ほった君も私も荷台に載せるものはない。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジープ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。