トライアンフが「タイガースポーツ660」を発表 ミドルクラスの新型アドベンチャー登場

2021.10.06 自動車ニュース
トライアンフ・タイガースポーツ660
トライアンフ・タイガースポーツ660拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2021年10月5日、アドベンチャータイプの大型二輪モデル「トライアンフ・タイガースポーツ660」を発表した。

 
トライアンフが「タイガースポーツ660」を発表 ミドルクラスの新型アドベンチャー登場の画像拡大
 
トライアンフが「タイガースポーツ660」を発表 ミドルクラスの新型アドベンチャー登場の画像拡大

排気量660ccの直列3気筒エンジンを搭載

トライアンフ・タイガースポーツ660は、通勤などの日常使いからロングツーリングまでを一台でこなせる多機能性を特徴としたアドベンチャーモデルである。2020年に登場したネイキッドスポーツモデル「トライデント660」と同じく、排気量660ccの水冷直列3気筒DOHCエンジンを搭載しており、このカテゴリーではミドルクラスに属する。

このエンジンの最高出力は81PS/1万0250rpm、最大トルクは64N・m/6250rpm。低回転域での太いトルクと中回転域での力強さ、高回転域でのパワーを同時に追求したものとなっており、洗練されたマネジメントシステムとライド・バイ・ワイヤ式のスロットル制御により、正確でレスポンスのよいパワーデリバリーを実現しているという。つり下げ式のコンパクトなマフラーはステンレス製で、欧州の環境規制「ユーロ5」に適合する排ガス性能と、3気筒エンジンならではのユニークなエキゾーストサウンドを実現。スリップ&アシストクラッチを備えた6段のギアボックスも、同車の特性に合わせてギア比が最適化されている。

一方、シャシーの設計は「トライアンフのトレードマークであるダイナミックで俊敏、かつ快適なハンドリング」(プレスリリースより)を追求したものとされており、フロントにはφ41mmのショーワのカートリッジ式倒立フォークを、リアには同じくショーワのモノショックを装備。トラベル量は前後ともに150mmとなっている。また、リアショックには乗車人数に寄らず最適なパフォーマンスを発揮できるようデュアルレートスプリングを採用するほか、同乗者の有無や荷物に合わせて乗り心地を調整できる、油圧リモートタイプのプリロード調整機能も備えている。足元の仕様は、5スポークの軽量な鋳造アルミ製17インチホイールとドライ/ウエットの両方におけるロードホールディング性能を重視した「ミシュラン・ロード5」タイヤの組み合わせだ。

また、ステアリングにはコントロールのしやすさを重視した軽量アルミニウム製のテーパーハンドルバーを採用。シート高は835mmで、スリムなスタンドオーバー幅によって良好な足つき性を実現しているという。

カラーディスプレイを含む充実した装備も魅力

ミドルクラスのモデルとしては充実した装備も特徴で、インターフェイスにはターンバイターン・ナビゲーションやGoProコントロール、音声通話や音楽再生の操作にも対応するTFTディスプレイを採用。ライディングをアシストする機能として「ロード」と「レイン」の2つのモードを持つ走行モード切り替え機構や、ABS、切り替え式のトラクションコントロールなどを備えており、またトラクションコントロールは走行状況に応じて作動をオフにすることも可能となっている。

灯火類は、ユニークな意匠のツインヘッドランプもコンパクトなリアコンビランプもすべてLED式で、ウインカーにはセルフキャンセリング機能も装備。ウインドスクリーンには片手で操作できる高さ調整機能を備えている。燃料タンク容量は17.2リッターで、4.5リッター/100km(約22.2km/リッター)という燃費性能とも相まって、十分な航続距離を実現してるという。

価格は112万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
タイガースポーツ660, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・トライデント660 2020.10.30 画像・写真 英国のバイクメーカーの老舗トライアンフから、660ccの3気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル「トライデント660」が登場。既存のラインナップとは趣を異にするトライアンフ久々のブランニューモデルを、写真で紹介する。
  • トライアンフが「トライデント660」を発表 排気量660ccの新型ロードスポーツモデル 2020.10.30 自動車ニュース 英トライアンフが新型二輪モデル「トライデント660」を発表。660ccの3気筒エンジンを搭載したミドルクラスのネイキッドモデルで、扱いやすいキャラクターや充実した電子装備が特徴。価格は97万9000円で、国産車ユーザーの取り込みも見込んでいる。
  • トライアンフ・スピードツイン(6MT)【レビュー】 2021.9.17 試乗記 トラディショナル&スポーティーな見た目はそのままに、エンジンや足まわりが大幅に改良された「トライアンフ・スピードツイン」。懐の深さを感じさせる最新型に乗ったなら、多くのライダーが笑顔になるに違いない。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.29 試乗記 フォルクスワーゲンの5ドアクーペ「アルテオン」から派生した、スタイリッシュなワゴン「アルテオン シューティングブレーク」。そのステアリングを握った筆者は、従来のブランドイメージからは想像できなかった仕上がりに衝撃を受けたのだった。
  • 絶滅危惧種か高根の花か いまこそ! 空冷バイクのすすめ 2021.10.25 デイリーコラム 趣味性の高いモデルとして、オートバイの世界では多くのライダーに支持されている空冷エンジン車。それがいま、急速に入手困難になっている!? 「ホンダCB1100」の生産終了にみる、切迫した状況とは?
ホームへ戻る