都会派SUV「コンパス」にジープ80周年の特別仕様車が登場

2021.10.06 自動車ニュース
ジープ・コンパス 80thアニバーサリーエディション
ジープ・コンパス 80thアニバーサリーエディション拡大

FCAジャパンは2021年10月5日、ジープブランドのコンパクトSUV「コンパス」に台数285台の限定車「コンパス 80thアニバーサリーエディション」を設定し、同年10月16日に発売すると発表した。

 
都会派SUV「コンパス」にジープ80周年の特別仕様車が登場の画像拡大
 
都会派SUV「コンパス」にジープ80周年の特別仕様車が登場の画像拡大
 
都会派SUV「コンパス」にジープ80周年の特別仕様車が登場の画像拡大
 
都会派SUV「コンパス」にジープ80周年の特別仕様車が登場の画像拡大

コンパス 80thアニバーサリーエディションは、1941年に軍用車両としてデビューしたジープの80周年を記念して設定されたモデル。スタイリッシュな内外装や充実した装備がセリングポイントとなっている。

ボディーカラーには、特別設定色となる「テクノメタリックグリーンP/C」(限定135台)と、「グレイマグネシオメタリック」(同150台)の2色をラインナップ。フロントグリルやドアミラー、フロントバンパーインサートなどは、先に発売されている80周年記念車と同じテーマカラーの「グラナイトクリスタル」のアクセントで飾られる。18インチアルミホイールやエクステリアバッジもグラナイトカラー仕上げ。フロントフェイシアやホイールフレア、シルモールディングはボディー同色にコーディネイトされている。

インテリアについては、「コマンドビュー デュアルペインパノラミックサンルーフ」を標準装備。ジープのオリジンとされる「Willys(ウィリス)」のタグをあしらったレザーシートやブラック仕上げのヘッドライナー、特殊な加工を施したドリフトウッド(流木)インテリアアクセントも備わるほか、インストゥルメントパネルやフロアマットには「80th Anniversary」ロゴが施される。

そのほかの装備は、プロジェクター式LEDヘッドライトや10.1インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム、Alpineプレミアムサウンドシステムなど、ベースとなる4WD車「リミテッド」と同様である。

価格は、ベースモデル比で13万円高となる462万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース