トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定

2021.11.10 自動車ニュース
トライアンフ・スラクストンRS Ton Upエディション
トライアンフ・スラクストンRS Ton Upエディション拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2021年11月9日、「スラクストンRS」「ストリートツイン」「ロケット3」の3モデルに特別仕様車を設定。今期限定で生産し、販売すると発表した。

 
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大
ストリートツインEC1スペシャルエディション
ストリートツインEC1スペシャルエディション拡大
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大
ロケット3 R 221エディション
ロケット3 R 221エディション拡大
ロケット3 GT 221エディション
ロケット3 GT 221エディション拡大
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大
 
トライアンフが「スラクストンRS」など3モデルに特別仕様車を設定の画像拡大

往年のレースに端を発するバイクカルチャーを表現

「スラクストンRS Ton Up(トン・アップ)エディション」は、伝統的な意匠を特徴とするトライアンフのモダンクラシックシリーズのなかでも、高い動力性能とカフェレーサー風のスタイルを特徴とするスラクストンRSをベースとした特別仕様車である。

1950年代から1960年代に活躍した10代のボーイズレーサー“トン・アップ・ボーイズ”や、1969年にマルコルム・アップヒルがマン島TTレース記録した100mph(約160km/h)のラップレコードなど、トライアンフの歴史や往年のバイクカルチャーをモチーフにしたデザインを随所に取り入れている。

具体的には、フューエルタンクにハンドペイントのシルバーコーチライニングで縁取ったジェットブラックのニーパッドグラフィックを採用。フュージョンホワイトのシートカウルやフロントマッドガードに施された、カーニバルレッドの「100」ロゴなども特徴となっている。

価格は202万7000円。

ロンドンのカスタムバイク文化をオマージュ

「ストリートツインEC1スペシャルエディション」は、900ccの2気筒エンジンを搭載したモダンクラシックモデルであるストリートツインをベースに、「活気に満ちたロンドンのイーストエンドのカスタムクラシックバイク文化にインスパイア」(報道資料より)されたというカラーリングを施した特別仕様車である。車名の「EC1」とは、ロンドンの歴史的な通りの郵便番号に由来しているという。

マットアルミニウムシルバーとマットシルバーアイスで塗装されたフューエルタンクには、手塗りのシルバーのコーチライニングと、「EC1」のロゴ、逆三角のトライアンフエンブレムを採用。マットシルバーアイスのサイドパネルにも車名を表すロゴを施しており、またフロントとリアのマッドガードも、ともにマットアルミニウムシルバーで仕上げている。またアクセサリーとして、同色のフライスクリーンも用意している。

価格は119万5000円。

圧倒的なエンジン性能をグラフィックで表現

「ロケット3 R 221スペシャルエディション」および「ロケット3 GT 221スペシャルエディション」は、ともに2458ccの大排気量3気筒エンジンを搭載したロケット3をベースに専用のカラーリングを施した特別仕様車である。車名の「221」は221N・mというロケット3の最大トルクを表したもので、スタンダードな「R」とウインドスクリーンや背もたれ付きのパッセンジャーシートを備えた「GT」の両モデルに設定される。

赤と黒の鮮やかなカラーリングが特徴で、巨大なフューエルタンクとフロントマッドガードはレッドホッパーで、マッドガードブラケットやヘッドライトのケース、フライスクリーン、サイドパネル、リアのボディーワーク、ラジエーターカウルなどはサファイアブラックで塗装。大きく「221」と描かれたニーパッドグラフィックも目を引き、またタンク上部にはエンジンのスペックをアピールするグラフィックが施されている。

価格はロケット3 R 221スペシャルエディションが284万円、ロケット3 GT 221スペシャルエディションが291万円。

(webCG)

関連キーワード:
スラクストン, ロケット3, ストリートツイン, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース