三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に特別仕様車「Tプラスエディション」登場

2021.11.11 自動車ニュース

三菱自動車は2021年11月11日、軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、同年12月16日に発売すると発表した。

今回の三菱eKクロス スペースTプラスエディションは最高出力64PSの3気筒ターボエンジンを搭載した「T」グレードがベース。安全装備と機能装備の強化を図っている。

ルームミラー内の映像で車両周囲の障害物の位置をチェックできる「マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付き)」と自動防げんルームミラーを採用。運転席側の電動スライドドア(イージークローザー付きハンズフリーオートスライドドア)に加えて、リアサーキュレーターやリアロールサンシェードなどを組み合わせた「後席パッケージA」も標準装備としている。

さらに、専用ディーラーオプションとしてマップランプやライセンスプレートランプなどをLED化する「LEDパッケージ」を設定している。

価格はFWD車が191万4000円で4WD車が204万6000円。いずれもベースモデルから5万5000円アップとなっている。

(webCG)

三菱eKクロス スペースTプラスエディション
三菱eKクロス スペースTプラスエディション拡大

関連キーワード:
eKクロス スペース, 三菱, 自動車ニュース