「三菱eKスペース」がフルモデルチェンジ クロスオーバーモデル「eKクロス スペース」も登場

2020.02.06 自動車ニュース
「三菱eKスペース」(写真左)と「eKクロス スペース」。
「三菱eKスペース」(写真左)と「eKクロス スペース」。拡大

三菱自動車は2020年2月6日、軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」の新型を発表した。同年3月19日に販売を開始する。

「eKクロス スペース」は「デリカD:5」や「eKクロス」に続いて「ダイナミックシールド」を採用した。
「eKクロス スペース」は「デリカD:5」や「eKクロス」に続いて「ダイナミックシールド」を採用した。拡大
タイヤを車体の四隅に配したデザインとすることで、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージを強調した。
タイヤを車体の四隅に配したデザインとすることで、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージを強調した。拡大
従来モデルよりもテールランプ間の距離を拡大することで、実際よりもワイドに見えるようにしている。
従来モデルよりもテールランプ間の距離を拡大することで、実際よりもワイドに見えるようにしている。拡大
水平基調のインストゥルメントパネルやタッチパネル式エアコンの操作系などは「eKクロス」のものを踏襲する。
水平基調のインストゥルメントパネルやタッチパネル式エアコンの操作系などは「eKクロス」のものを踏襲する。拡大
合成皮革とはっ水ファブリックを組み合わせたシート表皮はオプションにて設定される。
合成皮革とはっ水ファブリックを組み合わせたシート表皮はオプションにて設定される。拡大
リアシートには左右独立式のスライド機構を搭載。スライド幅は350mmにも達する。
リアシートには左右独立式のスライド機構を搭載。スライド幅は350mmにも達する。拡大
助手席のリクライニングレバーが右側にも備わっており、ドライバーが操作できるようになっている。
助手席のリクライニングレバーが右側にも備わっており、ドライバーが操作できるようになっている。拡大
運転支援装備「MI-PILOT」の操作スイッチはステアリングスポーク上にレイアウトされる。
運転支援装備「MI-PILOT」の操作スイッチはステアリングスポーク上にレイアウトされる。拡大

キャビンの居住性を大幅に改善

新型eKスペースは2019年3月発売の「eKワゴン/eKクロス」に続く、三菱と日産自動車との合弁会社であるNMKVが企画・開発をマネジメントした新世代軽乗用車の第2弾である。eKクロスと同様に「カスタム」を廃し、新たにクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」を設定したのがトピックだ。

eKスペースのエクステリアデザインは、ボディー同色のフロントグリルにより、丁寧につくり込んだ品質感を表現。ヘッドランプからボディーサイドへと回り込むキャラクターラインを配することで、一体感のある伸びやかでスタイリッシュなデザインを目指している。

一方のeKクロス スペースは三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、SUVらしい力強さと安定感を表現。車体前方から後方へとつながるキャラクターラインやタイヤを車体の四隅に配したデザインにより、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージを強調している。

従来モデルから大きく向上したキャビンの居住性もセリングポイントのひとつだ。スライドドアの開口幅を先代モデル比で+95mmの650mmとしたほか、後席の足元空間は同+148mmの394mmに拡大。スライドドアには車両下のセンサー部分に足をかざすだけで開閉できるハンズフリーオートドアを採用した。左右分割式の後席のスライド量はクラストップをうたう350mm(従来モデル比で+60mm)に拡大。助手席のリクライニングレバーを右側の肩口に設けた(=ドライバーが操作できる)ことで、運転席に座ったままで後席に座らせた子どもの世話ができるようになっている。リアシートを前端までスライドさせた際の荷室の床面長は従来モデル比で+208mmとなる676mmにまで拡大。従来型では収まりきらなかった大型(104リッター)のスーツケースなどが積載できるようになっている。

パワーユニットは最高出力52PS/6400rpm、最大トルク60N・m/3600rpmの0.66リッター直3自然吸気エンジン(「M」および「G」グレード)、または同64PS/5600rpm、同100N・m/2400-4000rpmの0.66リッター直3ターボエンジン(「T」グレード)を設定。トランスミッションは全車CVTで、同2.7PS/1200rpm、同40N・m/100rpmのモーターとリチウムイオンバッテリーからなるコンパクトなハイブリッド機構も全車に備わる。また、eKクロス スペースには、下り坂などで車速を一定に保つことでステアリング操作に集中できるヒルディセントコントロールを、三菱の軽乗用車では初めて搭載した。

衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、標識検知機能からなる予防安全パッケージ「e-Assist」は全車に標準装備。アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を組み合わせた運転支援装備「MI-PILOT」はオプションにて用意する。

ボディーカラーは、eKスペースには3種類のツートンを含む全9タイプを、eKクロス スペースには6種類のツートンを含む全13タイプをラインナップする。

グレードラインナップと価格は以下の通り。

【eKスペース】

  • M:139万9200円(FF車)/153万1200円(4WD車)
  • G:154万2200円(FF車)/167万4200円(4WD車)
  • T:163万5700円(FF車)/176万7700円(4WD車)

【eKクロス スペース】

  • M:165万5500円(FF車)/178万7500円(4WD車)
  • G:177万1000円(FF車)/190万3000円(4WD車)
  • T:185万9000円(FF車)/199万1000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
eKスペース, eKクロス スペース, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る