機能が強化された「ダイハツ・ハイゼット トラック」発売

2021.12.20 自動車ニュース
ダイハツ・ハイゼット トラック
ダイハツ・ハイゼット トラック拡大

ダイハツ工業は2021年12月20日、マイナーチェンジを施した軽商用車「ハイゼット トラック」シリーズを発表。同日、販売を開始した。

クラストップレベルの広さを誇る、「ハイゼット トラック」の荷台。前後長は2030mm、幅は1410mmと公表される。
クラストップレベルの広さを誇る、「ハイゼット トラック」の荷台。前後長は2030mm、幅は1410mmと公表される。拡大
最新型「ハイゼット トラック」のインテリア。ボディーカラーは新色「アイスグリーン」(写真)を加えた全7色展開となる。
最新型「ハイゼット トラック」のインテリア。ボディーカラーは新色「アイスグリーン」(写真)を加えた全7色展開となる。拡大
新開発されたCVTのカットモデル。
新開発されたCVTのカットモデル。拡大
LED荷台作業灯の使用イメージ。
LED荷台作業灯の使用イメージ。拡大

今回の仕様変更では、これまで市場で支持されてきた積載性や耐久性、防さび性などの基本機能はそのままに、使い勝手や快適性の向上が図られた。

最大の特徴となる荷台には、夜間の作業時等に便利なLED荷台作業灯を採用。内装においては、インストゥルメントパネルにアッパートレーを新設するなど豊富な収納スペースを確保し、キーを取り出すことなくドアの開閉やエンジン始動が可能になるキーフリーシステム&プッシュボタンスタートも用意された。

同日に発売された新型「ハイゼット カーゴ」との親和性を考慮し、外観もリファイン。フロントまわりは商用車らしいシンプルで力強いデザインとされ、上級グレードの「エクストラ」には上質感のあるメッキ加飾を採用。リアのバックソナーやコーナーセンサー等の機能部品はガーニッシュ内におさめ、すっきりとした意匠にまとめられた。

メカニズムでは、上記のハイゼット カーゴや「アトレー」と同様に、MTに加えて新開発のFR車用CVTを採用。燃費と発進加速、静粛性を向上させた。このCVTと4WDの組み合わせが選べることや、これまでMT車に限られていた「スーパーデフロック」のCVT車への設定もトピック。悪路走破性が一段と強化されている。

価格は90万2000円から134万2000円。

また、より広い車内空間が与えられた「ハイゼット トラック ジャンボ」については、前席頭上の「オーバーヘッドシェルフ」を標準装備し、使い勝手の良さを向上。「ジャンボ エクストラ」には専用のメッキフロントグリルやLEDヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、専用ボディーカラー「ファイアークオーツレッドメタリック」を設定した。

ハイゼット トラック ジャンボの価格は、109万4500円から145万2000円。

なお、ダンプシリーズやリフトシリーズ、保冷・冷凍シリーズなど、ハイゼット トラックをベースとする特装車にも同様の仕様変更が施されている。

(webCG)

関連キーワード:
ハイゼット トラック , ダイハツ, 自動車ニュース