ダイハツが新型「ハイゼット」「アトレー」「ロッキー」のカスタマイズカーを披露【東京オートサロン2022】

2021.12.23 自動車ニュース
ダイハツ・アトレー デッキバン キャンパーver.
ダイハツ・アトレー デッキバン キャンパーver.拡大

ダイハツ工業は2021年12月23日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2022」(開催期間:2022年1月14日~16日)への出展概要を発表した。

アトレー プレミアムver.
アトレー プレミアムver.拡大
ロッキー プレミアムver.
ロッキー プレミアムver.拡大
ロッキー クロスフィールドver.
ロッキー クロスフィールドver.拡大
「コペン」の組み立て体験トラックのイメージ。
「コペン」の組み立て体験トラックのイメージ。拡大

今回のオートサロンにダイハツは、フルモデルチェンジした「ハイゼット」「アトレー」と、コンパクトSUV「ロッキー」のハイブリッド車をベースにした、以下のカスタマイズカーを出展する。

  • アトレー プレミアムver.
  • アトレー デッキバン キャンパーver.
  • ロッキー プレミアムver.
  • ロッキー クロスフィールドver.

さらに、荷台で「コペン」の組み立て体験ができるトラックや、歴代ハイゼットシリーズも展示する。

また初の試みとして、リアル会場とオンライン特設サイト(バーチャル会場)の2拠点発信を実施する。双方でダイハツブランドの魅力を発信することで、「ダイハツのこれから」をより多くのユーザーにさまざまなかたちで身近に触れ、楽しんでもらえるショーを目指すという。

(webCG)

東京オートサロン2022の記事一覧はこちら

関連キーワード:
ハイゼット カーゴ, アトレーワゴン, ロッキー, ダイハツ, 東京オートサロン2022, モーターショー, 自動車ニュース