MINIクーパーSコンバーチブル(後編)

2022.01.13 谷口信輝の新車試乗 「MINIクーパーSコンバーチブル」の最新型にレーシングドライバー谷口信輝が試乗。おしゃれでスポーティーな4人乗りオープンカーの走りを、プロはどのように評価する?

テイストに変化あり

試乗前にMINIクーパーSコンバーチブルのファッション性についてひとしきり語った谷口信輝は、箱根のワインディングロードを走り始めるとすぐに「以前とは走りの味が違いますね」と指摘した。MINIの走りがどう変わったのか、ここで谷口に詳しく説明してもらうことにしよう。
「なんて言ったらいいのかな、前に乗ったMINIに比べると、牙が抜かれたというと言い過ぎだけれど、牙が少し丸くなったように感じられます」

つまり、MINIがマイルドになったということか?
「そうですね、マイルドな感じです。例えば、BMW傘下に入った直後のMINIにはエンジンにスーパーチャージャーを付けたモデルがあって、走りはかなりヤンチャでしたよね。でも、このMINIはそういう刺激感を薄くして、誰にでも乗りやすく仕立てているように思います」

変化を感じたのはパワートレイン系だけでなく、ハンドリングについても同様だと谷口は語った。
「ハンドリングについて、僕はよく『数字がそろっている』という表現を使いますけど、このMINIは、ゼロから1のところの数字が少し抜けていて、その先の2とか3とかはちゃんとそろっている感じがします。おかげで、緊張感を強いられることなく、誰でもリラックスして操れるクルマに仕上がっているように思います」

走り屋代表の谷口がこう語ると、MINIに対して低い評価を下しているように聞こえなくもないが、決してそういう意味ではないと谷口は言明する。
「昔のMINIは、かわいらしい外観からは想像できない刺激あふれる走りの味に魅力があった。つまり、外観と走りの味のギャップが面白かったんです。でも、新型は内外装が従来型よりもさらにオシャレになって、走りの味もこれによく合ったマイルドなテイストに生まれ変わった。つまり、見た目と走りがマッチするようになったんですね。きっと、このほうが数多くの人たちから支持されると思いますよ。小学校の体育で使っていた跳び箱に例えれば、新型MINIは跳び箱の段数を減らして跳びやすくした感じ。そのぶん、幅も広がって幅広い層に受けられるようになってっていうか。なんとなく、僕の目にはそんなふうに映るんです」

 
MINIクーパーSコンバーチブル(後編)の画像拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(後編)の画像拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(後編)の画像拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(後編)の画像拡大
関連記事
  • MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)【試乗記】 2012.6.6 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)
    ……432万2270円

    MINIブランド6番目のボディーバリエーションとして、2012年春に納車が開始された「MINIロードスター」。シリーズ初となる2シーターオープンの乗り味を、184psを発生する「クーパーS」で試した。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2021.9.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(前編) 2022.1.6 谷口信輝の新車試乗 「極限までピュアにMINIの個性を際立たせる」というコンセプトを掲げ、モデルライフ2度目の大幅改良が施されたMINIの3ドアモデル。そのオープントップバージョンに触れた谷口信輝が、まず感じたことは?
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)【海外試乗記】 2012.2.16 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)

    間もなく日本に上陸する「MINI」シリーズ初の2シーターオープン「MINIロードスター」。MINIにおいてロードスターとはいったいどんな存在なのか。ポルトガルはリスボンで試乗した。
ホームへ戻る