クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)

存在そのものがありがたい 2021.09.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。

デビューから7年を経て2度目の大幅改良

通算3代目となる“ニューMINI”のハッチバック系(3ドア、5ドア、コンバーチブル)が、一般的にマイナーチェンジと呼ばれる比較的まとまった改良を受けるのは、今回で2度目だ。1度目は2018年の春。3代目MINIのデリバリーが開始された2014年初頭から、丸4年での手直しだった。2度目となる今回のマイチェンは、最初のそれから3年が経過した時点での実施となる。ということは、現行のハッチバック系ニューMINIも登場からすでに7年が経過して、モデルライフは8年目に突入しているわけだ。

前回は前後ランプの変更と変速機の刷新あたりがハイライトだったが、今回はグリルを含めたフロントマスクの整形のほか、インテリアでは液晶メーターの採用、そして技術的には電動パーキングブレーキ(EPB)の導入が大きい。EPBとなったことで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)にストップ&ゴー機能も含まれるようになり、渋滞追従も可能になった。

フロントマスクのイメチェン効果は大きい。グリル形状はいつもの六角形だが、それがブラックアウト化されるとともに、バンパー下端ギリギリまで拡大。今回のクーパーSでは、同グレード特有のディテールである左右のインテークまでをグリルが抱え込むようになっている。さらに、グリル中央を横断するバンパー部分が車体と同色化されたり、フォグ機能をヘッドランプ内に内蔵したことでバンパーから灯火類が姿を消したりしたことも、雰囲気を大きく変えることに貢献している。

ちなみに、従来のフォグランプに代わってバンパー両端にあけられた縦型のスリットは、走行風をフロントホイールハウスに導いて空力的に左右を安定させるエアカーテンで、これは2020年秋にマイチェンされた「MINIクロスオーバー」などと同様である。全長も少し伸びていて、今回試乗したクーパーS同士だと20mm長くなっているが、そこには立体的な造形になったリアバンパー分も含まれる。

“ニューMINI”の誕生以来、3世代にわたり設定され続けている「MINIコンバーチブル」。ルーフは古式ゆかしきソフトトップで、じゃばら状に畳んでリアに背負う格納の様式もクラシックだ。
“ニューMINI”の誕生以来、3世代にわたり設定され続けている「MINIコンバーチブル」。ルーフは古式ゆかしきソフトトップで、じゃばら状に畳んでリアに背負う格納の様式もクラシックだ。拡大
従来型から大幅にデザインが変更されたフロントマスク。ラジエーターグリルをより強調する意匠となったほか、両サイドにエアカーテンのダクトを設けるなど、空力性能の向上が図られている。
従来型から大幅にデザインが変更されたフロントマスク。ラジエーターグリルをより強調する意匠となったほか、両サイドにエアカーテンのダクトを設けるなど、空力性能の向上が図られている。拡大
インテリアもインストゥルメントパネルまわりを中心にデザインを変更。オプション装備として、新たにアンビエントライトが設定された。
インテリアもインストゥルメントパネルまわりを中心にデザインを変更。オプション装備として、新たにアンビエントライトが設定された。拡大
電動開閉式のソフトトップは、オーバーヘッドコンソールに備わるトグルタイプのスイッチで操作する。開閉に要する時間は18秒だ。
電動開閉式のソフトトップは、オーバーヘッドコンソールに備わるトグルタイプのスイッチで操作する。開閉に要する時間は18秒だ。拡大

相変わらず優秀な電動ソフトトップ

ざっくりとしたシートの肌ざわりは、なんとなく昭和を感じさせるチェック柄を含めて、中高年の筆者には懐かしくも心地よい。試乗車には新しい試みとして設定された4つの内外装トリムから「クラシックトリム」が採用されており、ほかにもモダンな「MINI Yoursトリム」やスポーツ系の「ジョンクーパーワークス(JCW)トリム」というトリムパッケージがオプションで選べる。JCWの文字に反応するマニアもおられようが、これとは別に、全身専用仕立ての高性能グレード「ジョンクーパーワークス」はちゃんと健在である。

眼前の5インチ液晶メーターはデザイン的にはクロスオーバー系とよく似たものだが、センターディスプレイを囲むLED間接照明の、ニューヨークだかトーキョーだかのビル群を思わせる図柄は新しい。しかも、それが走行モードだけでなくエアコンの温度調整操作などにも呼応してカラフルに変化する。これがオシャレかどうかは筆者には分からないが、凝っていること、そして初ドライブ相手との会話のツカミに好適であろうことは間違いない。

コンバーチブルのキモとなる電動ソフトトップはこれまでどおりだが、頭上のみ開閉も可能な「1粒で何度もおいしい」といえるデキにはあらためて感心するほかない。トップの主要部分はさすがに1層構造で、先日までのトーキョーの炎天下ではさすがに頭上から熱が伝わってきた。ただ、気になる点はそれくらい。つくりや作動感は精密そのものだし、1層構造のわりにクローズド時の静粛性も高く、高速での天井のバタつきも印象的なほど小さい。

フルオープンにすると畳まれたトップでルームミラー視界の3分の2くらいが蹴られてしまう。セダンのような車高の低いクルマにバックを取られるとほぼ見えなくなるが、オープンカーは軽く流すだけで満足できるので、これは弱点にはならない(?)。

「クラシックトリム」ではクロスとレザーの黒いコンビシートが装備されるが、試乗車には個別オプションで用意される、明るいチェック柄の入ったシートが採用されていた。
「クラシックトリム」ではクロスとレザーの黒いコンビシートが装備されるが、試乗車には個別オプションで用意される、明るいチェック柄の入ったシートが採用されていた。拡大
新たに採用されたメーターパネルは一見“フル液晶”に見えるが、実はエンジン回転計は機械式である。
新たに採用されたメーターパネルは一見“フル液晶”に見えるが、実はエンジン回転計は機械式である。拡大
全車標準装備となった8.8インチのセンターディスプレイ。スイッチ類がフラットな意匠となったほか、ディスプレイ内の表示レイアウトも変更されている。
全車標準装備となった8.8インチのセンターディスプレイ。スイッチ類がフラットな意匠となったほか、ディスプレイ内の表示レイアウトも変更されている。拡大
ソフトトップは前方のみをスライドさせることも可能。サンルーフのように気軽にオープンエアを楽しめる。
ソフトトップは前方のみをスライドさせることも可能。サンルーフのように気軽にオープンエアを楽しめる。拡大

可変サスペンションを選ぶときの注意点

乗り味はおなじみのMINIそのものだが、1年1度くらいの頻度で乗るたびに、剛性感や乗り心地が少しずつ改善されているように思えるのは、気のせいではないだろう。それでも、パワーステアリングは今も昔もズシッと重い。今回の試乗時にはロケの都合で「シボレー・コルベット コンバーチブル」と交互に運転したりもしたが、ステアリングだけは明らかにMINIが重かった。これが伝統の“らしさ”といわれればそうなのだろうが、個人的には重すぎだと思う。

オープンにするとステアリングまわりに振動が出るものの、そのレベルはわずかだし、うねりのある路面でちょっと頑張ったくらいでは、車体がきしんだり、前後輪の軌跡がズレるような感覚におちいったりすることもない。ステアリングの反応も少しだけマイルドになるオープン時のほうが、走りのリズム感もいい。車体剛性づくりを含めた入念なチューニングに加えて、サイズが絶対的に小さくてホイールベースが短いことも奏功しているだろう。

足もとが18インチの「ピレリPゼロ」、しかもランフラットであることを考えると、その履きこなしは悪くない。ただ、絶対的には乗り心地は硬めであり、荒れた路面でのバタつきが気になるのも否定できない。調べてみると、このクラシックトリム本来のタイヤサイズは17インチで、今回の試乗車はそこにオプションタイヤを履かせていた。最初から18インチとなるJCWトリムには、さらに改良されたという触れ込みの「アダプティブサスペンション」も含まれる。

個人的にもMINIのコンバーチブルで18インチを履くなら、単体価格6万8000円のアダプティブサスペンションは最優先で備えておきたい。しかし、それもトリムによって選択できない場合もあり、今回のクラシックトリムもそうだった。MINIを自分好みに細かくオーダーする向きは、ご参考までに……。

「MINIコンバーチブル」のグレード構成は「クーパー」「クーパーS」「ジョンクーパーワークス」の3種類。エントリーモデルの「ONE」やディーゼルエンジン搭載車などは用意されない。
「MINIコンバーチブル」のグレード構成は「クーパー」「クーパーS」「ジョンクーパーワークス」の3種類。エントリーモデルの「ONE」やディーゼルエンジン搭載車などは用意されない。拡大
「クーパーS」のタイヤサイズは205/45R17が標準。試乗車にはオプションの18インチアロイホイールと205/40R18サイズのタイヤが装着されていた。
「クーパーS」のタイヤサイズは205/45R17が標準。試乗車にはオプションの18インチアロイホイールと205/40R18サイズのタイヤが装着されていた。拡大
走行モード切り替え機構「MINIドライビングモード」は「クーパー」の標準仕様を除く全車に装備されるが、アダプティブサスペンションは「クーパー」か「クーパーS」の一部トリム、もしくは「ジョンクーパーワークス」でないと装備できない。
走行モード切り替え機構「MINIドライビングモード」は「クーパー」の標準仕様を除く全車に装備されるが、アダプティブサスペンションは「クーパー」か「クーパーS」の一部トリム、もしくは「ジョンクーパーワークス」でないと装備できない。拡大
オープン時の風の巻き込みを軽減するウインドディフレクター。使わないときは、平らに畳んでトランクなどにしまっておける。
オープン時の風の巻き込みを軽減するウインドディフレクター。使わないときは、平らに畳んでトランクなどにしまっておける。拡大

ロングライフがもたらす弊害

MINIはコンバーチブルでも快活な乗り味を披露してくれるが、このクーパーSはとくに小気味いい。その最大の理由はエンジン。性能自体は「クーパー」でも十二分だが、3気筒はやはり好き嫌いが分かれるところだし、それにも増して、このBMW製2リッター4気筒ターボそのものが心地よいからだ。

最新の直噴ターボらしく低中速でも柔軟で力強いのだが、高回転に向けてさらなる盛り上がりがきちんとある。走行モードに応じて、スロットル特性とサウンドもさらに豪快になっていく。そして、そのサウンドも実の詰まった快音なのである。

そこに組み合わせられる7段DCTは、MINIでは“スポーツ変速機”の位置づけではない。盛大なブリッピングをかますこともなく、変速スピードもゆるめだ。しかし全域でトルキーかつ高反応のエンジンが補ってあまりある。これがBMWブランドだと「なにはともあれシルキーシックス」という観念論に引っ張られがちなのだが、MINIなら素直にいいエンジンと思える。

今回のマイチェンは先進運転支援システム(ADAS)のアップデートも大きな売りとされている。実際、ストップ&ゴー機能付きACCをはじめ、レーンキープ機能も追加されるなど、これまでより進化しているのは確かだ。しかし、そのレーンキープは逸脱警告だけで、ステアリングアシストや積極的なトレーシング機能にまでは踏み込んでいない。さらに、斜め後方を監視するブラインドスポットモニターや道路標識の認識機能など、大衆ブランドのコンパクトカーでも常識化しつつある機能もまだない。

このあたりの追加には、プラットフォームレベルの設計変更が必要なのかもしれない。現行MINIは冒頭のようにすでに8年目。長いモデルライフは観念的には歓迎したいが、反面、こういうデメリットもあるわけだ。

ソフトトップ車というと高速走行時の屋根のバタつきが気になるところだが、「MINIコンバーチブル」の屋根は非常に静粛。クローズド時の快適性は高い。
ソフトトップ車というと高速走行時の屋根のバタつきが気になるところだが、「MINIコンバーチブル」の屋根は非常に静粛。クローズド時の快適性は高い。拡大
エンジンは2リッターの直4ガソリンターボで、192PSの最高出力と280N・mの最大トルクを発生。燃費はWLTCモードで14.8km/リッターとされている。
エンジンは2リッターの直4ガソリンターボで、192PSの最高出力と280N・mの最大トルクを発生。燃費はWLTCモードで14.8km/リッターとされている。拡大
トランスミッションは7段デュアルクラッチ式AT。電動パーキングブレーキの採用もあって、センターコンソールはすっきりした造形となった。
トランスミッションは7段デュアルクラッチ式AT。電動パーキングブレーキの採用もあって、センターコンソールはすっきりした造形となった。拡大
今回の改良では、アダプティブクルーズコントロールにストップ&ゴー機能を追加。またMINIブランドのモデルとして初めて、車線逸脱警報が採用された。
今回の改良では、アダプティブクルーズコントロールにストップ&ゴー機能を追加。またMINIブランドのモデルとして初めて、車線逸脱警報が採用された。拡大

今や希少な“手ごろなオープンカー”

海外のメディアなどを見ると、ハッチバック系のMINIは2023年にフルモデルチェンジという説が有力らしい。そういうことなら、この段階で2度目のマイチェンを実施したのも納得だが、結果的に現行MINIはほぼ10年の長寿モデルになるわけだ。そして、次のMINIは「内燃機関を積む最後のMINI」になるともウワサされる。

コンパクトカーのモデルチェンジは、どんどん難しくなっている。当局が電気自動車(EV)に一気にカジを切らせたがっている欧州では、大型車よりEV化しやすいコンパクトカーはどんどんEVに追いやられているが、市場が追従してくれるかは不透明だ。実際、MINIのライバルである「フィアット500」などはフルモデルチェンジでEV専用車に転身しつつも、いまだに旧型も生産を続けている。メーカーの負担は大きい。

MINIはもっとモデルチェンジしにくい。MINIは欧州と日本のほか、北米、中国、中東、南アフリカ、東南アジア、中南米でも売られており、世界でも指折りの超グローバル商品である。時代の流れからいってEV化は避けられないが、おいそれとEV専用車に先走るわけにもいかない。

つい10年くらい前までは、多くのメーカーが手ごろなオープンカーを出したり消したりしていたが、環境対応に手一杯の現状では、遊んでいる余裕などないのだろう。こういうクルマは今ではすっかり少数派となり、MINI以外に300万円台かそれ以下の新車価格で手に入るオープンカーは、日本では「マツダ・ロードスター」と「ダイハツ・コペン」くらい。4座となるとMINI以外の選択肢はない。

欧州でもMINI以外は最近発売された「フォルクスワーゲンTロック カブリオレ」くらいしか思いつかない(そして、これはぜひ日本にも輸入してほしい)。いずれにしても、MINIコンバーチブルは、もはや存在するだけでもありがたい。

(文=佐野弘宗/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

今回試乗した「MINIクーパーSコンバーチブル」の車両本体価格は453万円だが、「クーパー」なら389万円と、“スタート価格”が400万円以下に踏みとどまっている。
今回試乗した「MINIクーパーSコンバーチブル」の車両本体価格は453万円だが、「クーパー」なら389万円と、“スタート価格”が400万円以下に踏みとどまっている。拡大
外観からも察せられる通り、後席はあくまで緊急用。スペースが狭いうえに背もたれが立ち気味となっており、長時間の乗車は厳しい。
外観からも察せられる通り、後席はあくまで緊急用。スペースが狭いうえに背もたれが立ち気味となっており、長時間の乗車は厳しい。拡大
荷室容量は屋根が閉じた状態で215リッター、屋根が開いた状態で160リッター。上部のカバーは2段階の高さ調整機能付きで、これが下段にないと屋根を開けられない。テールゲートは下方に開口するタイプで、かさばる荷物を積むときには荷室の屋根側も開けることができる。
荷室容量は屋根が閉じた状態で215リッター、屋根が開いた状態で160リッター。上部のカバーは2段階の高さ調整機能付きで、これが下段にないと屋根を開けられない。テールゲートは下方に開口するタイプで、かさばる荷物を積むときには荷室の屋根側も開けることができる。拡大
4座の手ごろなコンパクトオープンは、今や世界的に貴重なクルマ。「MINIコンバーチブル」は存在するだけでもありがたいモデルなのである。
4座の手ごろなコンパクトオープンは、今や世界的に貴重なクルマ。「MINIコンバーチブル」は存在するだけでもありがたいモデルなのである。拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーSコンバーチブル

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3880×1725×1415mm
ホイールベース:2495mm
車重:1370kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:192PS(141kW)/5000rpm
最大トルク:280N・m(28.6kgf・m)/1350-4600rpm
タイヤ:(前)205/40R18 86W/(後)205/40R18 86W(ピレリPゼロPZ4)
燃費:14.8km/リッター(WLTCモード)
価格:453万円/テスト車=504万6000円
オプション装備:スポーツシート<クロス/レザレッド ブラックパールライトチェッカード>(1万4000円)/デジタルパッケージプラス(14万1000円)/クラシックトリム(17万円)/18インチアロイホイール パルススポーク2トーン<7J×18>+205/45018タイヤ(8万2000円)/MINI Yoursソフトトップ(10万9000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1671km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:459.3km
使用燃料:35.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:12.9km/リッター(満タン法)/13.8km/リッター(車載燃費計計測値)

MINIクーパーSコンバーチブル
MINIクーパーSコンバーチブル拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

MINI MINIコンバーチブル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。