独自のハイブリッドシステムを搭載 ルノーのクーペSUV「アルカナ」上陸

2022.02.24 自動車ニュース
ルノー・アルカナR.S.ラインE-TECH HYBRID
ルノー・アルカナR.S.ラインE-TECH HYBRID拡大

ルノー・ジャポンは2022年2月24日、新型のクーペSUV「ルノー・アルカナ」を同年5月26日に発売すると発表した。

エクステリアは、クーペライクなルーフラインが最大の特徴。18インチのアルミホイールが装着される。
エクステリアは、クーペライクなルーフラインが最大の特徴。18インチのアルミホイールが装着される。拡大
スポーティーなシートが組み合わされるインテリア。写真は欧州仕様車のもので、日本仕様車は右ハンドルとなる。
スポーティーなシートが組み合わされるインテリア。写真は欧州仕様車のもので、日本仕様車は右ハンドルとなる。拡大
リアのバックドアを開いた様子。ラゲッジスペースのフロアは上下2段式となっている。
リアのバックドアを開いた様子。ラゲッジスペースのフロアは上下2段式となっている。拡大
5人乗車時の積載容量は480リッター。6:4分割可倒式の後席を倒すことで拡大できる。
5人乗車時の積載容量は480リッター。6:4分割可倒式の後席を倒すことで拡大できる。拡大
ボディーカラーが「ノワール メタルM」の「アルカナ」のイメージ。
ボディーカラーが「ノワール メタルM」の「アルカナ」のイメージ。拡大
同じく「ブルー ザンジバルM」の「アルカナ」。
同じく「ブルー ザンジバルM」の「アルカナ」。拡大
「オランジュ バレンシアM」の「アルカナ」。
「オランジュ バレンシアM」の「アルカナ」。拡大
フロント、リアともに、光源のCシェイプデザインが特徴となっている。
フロント、リアともに、光源のCシェイプデザインが特徴となっている。拡大

見た目もメカも個性的

アルカナは、流麗なルーフラインを持つ力強いデザインと、フルハイブリッドの高効率性が特徴とされるクーペSUV。独自の技術で想像を超える走りを実現したとうたわれる。

外観上は、SUVの機能美とクーペのエレガントさを融合したという都会的フォルムがポイント。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1820×1580mmでホイールベースは2720mm、最低地上高は200mmが確保されている。

一方、インテリアにはルノー・スポール由来のデザインが採用されている。運転席周辺のディスプレイや操作系にはドライバーが操作しやすいよう角度がつけられており、ドアとダッシュボードにはカーボン調パネルが用いられ、レッドラインのアクセントが添えられている。レザー×スエード調のフロントシート(シートヒーター付き)や、レザーステアリングホイール(ヒーター付き)、レッドステッチ入りのシートベルトなども特徴的な装備だ。

またセンターには7インチのタッチスクリーンが備わり、Apple CarPlayやAndroid Autoといったアプリを介したスマートフォンとのリンクや、Googleアシスタントを使っての音声入力なども可能となっている。乗車定員は5人。後席使用時のラゲッジスペース容量は480リッターと公表される。

パワーユニットに関しては、独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」が搭載される。これは、ルノーがF1で培ったノウハウを活用したとアピールされるもので、自然吸気の1.6リッター直4エンジン(最高出力94PS、最大トルク148N・m)と、メインモーターであるEモーター(同49PS、同205N・m)、サブモーターたるHSG<ハイボルテージスターター&ジェネレーター>(同20PS、同50N・m)、これらをつなぐトランスミッション「電子制御ドグクラッチマルチモードAT」で構成されている。駆動方式はFFのみ。

電子制御ドグクラッチマルチモードATは、モータースポーツで使用されるドグクラッチを使用することで、一般的なクラッチやシンクロナイザーを省略し、軽量コンパクト化を実現。エンジン側に4つ、モーター側に2つのギアが組み込まれており、そのコンビネーションにより動力を切れ目なく効率的に引き出せる。燃費を向上させるだけでなく、レスポンスのいい快適な走りを実現するというのがルノーの主張だ。

WLTCモードの燃費値は22.8km/リッター。なお、スタート時の走行モードは100%EVモードとなる。低速域が中心となる市街地走行においては、その大半をモーター駆動でカバーし、静粛かつエコロジーな走りを提供する。

このほかアルカナでは、運転支援システムの充実も図られている。その代表的な装備は、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)とレーンセンタリングアシストを組み合わせた「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」や、車両周辺の様子を俯瞰(ふかん)映像で知らせる「360°カメラ」、自動でステアリング操作を行う「イージーパーキングアシスト」など。後退の際、左右の死角から接近する車両の存在を知らせる「リアクロストラフィックアラート」も標準で備わる。

ボディーカラーのラインナップは、白系の「ブラン ペルレM」、黒系の「ノワール メタルM」、青系の「ブルー ザンジバルM」、そしてオレンジ系の「オランジュ バレンシアM」の全4色。

「アルカナR.S.ラインE-TECH HYBRID」というグレード名(モノグレード)で、429万円の価格で販売される。ハンドル位置は右のみとなる。

(webCG)

関連キーワード:
アルカナ, ルノー, 自動車ニュース