「スバル・レックス」がスバル初のコンパクトSUVとして復活

2022.11.11 自動車ニュース webCG 編集部
スバル・レックス
スバル・レックス拡大

スバルは2022年11月11日、コンパクトSUV「REX(レックス)」を発表した。

 
「スバル・レックス」がスバル初のコンパクトSUVとして復活の画像拡大
 
「スバル・レックス」がスバル初のコンパクトSUVとして復活の画像拡大

レックスは、スバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売するモデルで、「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」の姉妹車となる。人や荷物もしっかり載るパッケージングや、最新の「スマートアシスト」をはじめとした安全装備の採用がうたわれるスバル初のコンパクトSUVだ。

パワーユニットはスムーズな加速感と低燃費を両立させたという最高出力87PS、最大トルク113N・mの1.2リッター直3エンジンにCVTが組み合わされる。FWDモデルのみのラインナップとなる。

ボディーカラーについては、モノトーンが7色、2トーンが2種類設定される。ラインナップと価格は以下のとおり。

  • レックスG:182万円
  • レックスZ:217万1100円

(webCG)

関連キーワード:
レックス, スバル, 自動車ニュース