三井物産、シボレーなど2011年モデル予約開始

2010.10.21 自動車ニュース

シボレー、キャデラックなど、2011年モデル5車種の予約を開始

三井物産オートモーティブは2010年10月、シボレーとキャデラック5車種の2011年モデルの予約販売を開始した。


今回発売するのは、「シボレー・トラバース」「シボレー・タホ」「シボレーHHR」「シボレー・シルバラード」「キャデラック・エスカレード」の5車種。各車両の詳細は以下のとおり。

■「シボレー・トラバース」

シボレーの3列シート8人乗りの「トラバース」。SUVとミニバンを融合してCUV(クロスオーバー・ユーティリティービークル)をうたう。
ボディサイズは、全長5210mm、全幅1990mm、全高1770mm(LS)。3.6リッターV6エンジン(285ps)を搭載する。
2011年モデルは、ボディカラーに新色「ホワイトダイアモンド」「ゴールド・ミスト・メタリック」の2色をオプション設定した。

価格は、「LS」が498万円、「LT」は598万円。

■「シボレー・タホ」

シボレーのフルサイズSUV「タホ」。ボディサイズは、全長5130mm、全幅2020mm、全高1920mm。低く幅広いフロントエアダムと丸みのあるボディラインが特徴だ。ボルテック5.3リッターV8エンジン(325ps)を搭載し、走行状態に応じて8気筒から4気筒に切り替えを行う「アクティブフューエルマネジメントシステム」を採用する。安全面では、サイドカーテンエアバッグやフロントプリテンショナーシートベルトに加え、横転防止機能付きスタビリトラックシステムなどが標準で備わる。

価格は、「LS」598万円。

■「シボレーHHR」

個性的なスタイリングが特徴のシボレーのコンパクトカー「HHR」。ボディサイズは、全長4500mm、全幅1770mm、全高1600mmとシボレーブランドの中で小さいモデルだ。

2011年モデルは、2.2リッター直4エンジンを搭載する「LT」の100台限定販売となり、価格は298万円。2シーター仕様の「PANEL」は受注生産で248万円。

■「シボレー・シルバラード」

2010年2月に日本に導入された「シボレー・シルバラード」。日本で唯一正規輸入車として購入できるフルサイズのピックアップトラックだ。
全長5.8mのボディに、3×3の6人乗りキャビンと全長2mの荷台を持つ。4.8リッターV8エンジンを搭載。2ドアながら170度開く観音開きのリアアクセスドアにより、後席への乗り降りもスムーズに行えるという。クルーズコントロールや6スピーカーオーディオシステムが標準装備される。

価格は、399万円。

■「キャデラック・エスカレード」

キャデラックの7人乗り高級SUV「エスカレード」は、全長5120mm、全幅2002mm、全高1910mmのボディに、409psを発生する6.2リッターV8エンジンを搭載する。
2011年モデルでは、ボディカラーに新色「ゴールド・ミスト・メタリック」を設定した。(受注生産)

価格は、外装色ブラックレイブンが955万円、ホワイトダイヤモンドは966万円。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)

関連キーワード:
トラバース, シボレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 乗用車では日本初となる、ディーゼルエンジンベースのプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツE350de」に試乗。燃費性能に優れるディーゼルと、ゼロエミッションを掲げるEVのいいとこ取りとうたわれるパワーユニットの出来栄えを確かめた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る