トヨタ・ラッシュ値下げ 特別仕様車も

2010.07.05 自動車ニュース

「トヨタ・ラッシュ」値下げ 特別仕様車も

トヨタ自動車は、コンパクトSUV「ラッシュ」の仕様および価格を変更。特別仕様車「X“Smart Edition”」も設定し、2010年7月5日に発売した。

今回、「ラッシュ」全グレードの装備が簡素化された。結果、例えばチャイルドシートの固定機能を廃したエントリーグレード「X」が2000円、さらにCDやプラズマクラスターをオプション化した上級グレード「G」は6万8000円安くなるなど、全グレードの価格が引き下げられた。

価格は、「X」(FR/4AT)の165万8000円から「G“パッケージ”」(4WD/4AT)の208万3000円まで。

同時に、特別仕様車「X“Smart Edition”」も設定された。ベースとなったのは「X」で、特別色「プラム」のシート地、キーフリーシステム&盗難防止システム、センターアームレスト(AT車の運転席のみ)などを標準装備。ボディカラーも特別色「プラムブラウンパールクリスタルシャイン」(写真)など全9色が用意される。

こちらの価格は、169万2000円(FR/4AT)から188万1000円(4WD/4AT)までとなっている。

(webCG 関)

「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」
「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」 拡大

関連キーワード:
ラッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
ホームへ戻る