一段とタフに見える「日産エクストレイル」発売

2012.10.03 自動車ニュース

一段とタフに見える「日産エクストレイル」発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2012年10月3日、SUV「エクストレイル」の特別仕様車「ブラックエクストリーマーX」を発売した。

今回新たに設定された特別仕様車は「日産エクストレイル」の2リッターガソリン車「20Xtt」をベースとする「20XttブラックエクストリーマーX」(4WD/CVT)と、2リッタークリーンディーゼルエンジン搭載の「20GT」がベースの「20GTブラックエクストリーマーX」(4WD/6AT)、同(4WD/6MT)の計3種。
専用のフロントオーバーライダーやアンダーカバー、大型フォグランプなどで外装をドレスアップし、フロントグリルやアルミホイールなどにダークなカラーリングを採用することで、そのタフなイメージを一段と強調したという。

主な特別装備は、以下のとおり。

・専用ダーククロムフロントグリル
・専用フロントオーバーライダー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用ダークメタリックフロントアンダーカバー
・専用大型フロントフォグランプ&専用ダークメタリックフォグランプフィニッシャー
・専用ダークメタリックリアアンダーカバー
・専用ダークメタリック18インチアルミホイール
・サイドガードモール
・マッドガード
・ハイパールーフレール

なお、ボディーカラーは黒系のダイヤモンドブラック以外に、バーニングレッド、ブリリアントホワイトパール、ブリリアントシルバーを加えた全4色が用意される。

価格は、「20XttブラックエクストリーマーX」が274万500円。「20GTブラックエクストリーマーX」は、6AT車が341万9850円で6MT車が336万7350円となる。

(webCG)

「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」
「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」 拡大

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • 日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(2列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2020.4.22 試乗記 オーテックジャパンの手になる、「日産エクストレイル」の純正カスタマイズモデル「エクストレイルAUTECH」。新たにザックス製のダンパーが装着された最新モデルの出来栄えを、デビューから6年を経たエクストレイルの進化とともにリポートする。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る