三菱、軽商用車3車種に黒いボディの特別仕様車

2009.10.13 自動車ニュース

三菱、軽商用車3車種に黒いボディの特別仕様車

三菱自動車は、軽商用車「ミニカ」「ミニキャブトラック」「ミニキャブバン」に、「ブラックマイカ」のボディカラーを採用した特別仕様車「黒」シリーズを設定。「ミニキャブトラック(黒トラ)」「ミニキャブバン(黒バン)」は2009年10月8日から、「ミニカ(黒ミニカ)」は10月13日に発売した。

今回発売された「黒シリーズ」は、ベース車に設定のない黒いボディカラーを採用し、装備を追加した特別仕様車。各車両の装備内容は以下のとおり。

■「黒トラ」

ミニキャブトラックの「Vタイプ(エアコン付)」グレードをベースに、「ブラックマイカ」のボディカラーにメッキフロントグリル、光輝タイプのヘッドライトハウジングを採用。さらに、パワーステアリングや、デジタル時計付・スピーカー内蔵のAM/FMラジオが標準装備される。

価格は、ベース車比6万6150円高で、75万9150円(FR/5MT)から98万5950円(4WD/3AT)。

■「黒バン」

ミニキャブバンの「CD(ハイルーフ)」グレードをベースに、ブラックマイカ」のボディカラーにメッキフロントグリル、光輝タイプのヘッドライトハウジングを採用。デジタル時計付・スピーカー内蔵のAM/FMラジオを標準装備した。

価格は、ベース車比3万1500円高の112万350円(FR/3AT)と124万6350円(4WD/3AT)。

■「黒ミニカ」

ミニカのベースグレード「ライラ」をベースに、「ブラックマイカ」のボディカラー、ダークシルバーのフロントグリルを採用。タイヤサイズを145/80R12から155/70R13に変更するとともにホイールカバーを標準装着。さらに、デジタル時計付・スピーカー内蔵のAM/FMラジオを標準装備した。

価格は、ベース車比2万1000円高で、3ドアが68万6700円(FF/3AT)と81万2700円(4WD/3AT)、5ドアは72万3450円(FF/3AT)と84万9450円(4WD/3AT)。

(webCG ワタナベ)

「黒トラ」
「黒トラ」 拡大
「黒バン」
「黒バン」 拡大
「黒ミニカ」
「黒ミニカ」 拡大

関連キーワード:
ミニカ, ミニキャブ トラック, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミニカ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • 第38回:三菱eKクロス(後編) 2019.6.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • ホンダが4代目となる新型「フィット」を世界初公開【東京モーターショー2019】 2019.10.23 自動車ニュース 本田技研工業は2019年10月23日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:10月23日~11月4日)の会場において、コンパクトハッチバック「フィット」の新型を世界初公開した。
ホームへ戻る