メルセデス「Rクラス」、COMANDシステムなどを追加

2009.05.20 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「Rクラス」、COMANDシステムなどを追加

メルセデス・ベンツ日本は、ミニバン「Rクラス」を一部改良し、2009年5月19日に発売した。

エクステリアは、フロントグリルをハイグロスブラック仕上げに変更。インテリアは、4スポークステアリングホイールの採用に加え、センターコンソールに備わるナビゲーションシステムが、DVDタイプからHDDタイプにアップグレードされ、テレビも地上デジタル対応となった。さらに、ミュージックレジスターなどの操作系を集約した「COMANDシステム」を新たに採用し、利便性と機能性を高めたという。

上級モデル「R550 4MATIC」では、キーを携帯しているだけで、ドアの開錠/施錠および、ボタン操作でエンジン始動ができる「キーレスゴー」を標準装備とした。「R350 4MATIC」ではオプション設定となる。

安全面では、緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し、後続車に危険を知らせる「アダプティブブレーキライト」が追加装備された。

価格は、R350 4MATIC(右ハンドル)が12.0万円アップで789.0万円、R550 4MATIC(左ハンドル)は32.0万円アップで1082.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
Rクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Rクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ【海外試乗記】 2019.7.3 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、メルセデスの中核SUV「GLC/GLCクーペ」にマイナーチェンジが施された。しかし“単なるマイチェン”と思うなかれ。ドイツ国内でステアリングを握った筆者は、その変わりっぷりに驚かされたのだった。
  • メルセデス、現行「Vクラス」に初のガソリンモデルを設定 2018.11.5 自動車ニュース 乗用ワンボックスの「メルセデス・ベンツVクラス」に特別仕様車「V260ロング」登場。日本に導入される現行型Vクラスとしては初のガソリンモデルで、運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」や本革シートなど、装備も充実している。
  • メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。
  • スズキ・カタナ(MR/6MT)【レビュー】 2019.8.21 試乗記 2018年にドイツで発表されるや、世界中のベテランライダーをアッと驚かせた新生「スズキ・カタナ」。その走りは、「カタナ」を名乗るのにふさわしいものなのか? オリジナルにも詳しい後藤 武が、新型の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る