「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

2008.12.03 自動車ニュース

「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

日産自動車は2008年12月2日、「スカイライン セダン/クーペ」に一部改良を施し、同日販売を開始した。

■セダンに3.7リッター採用

「スカイライン セダン」の改良では、3.5リッターエンジンが3.7リッターに変更されたのが大きなニュース。従来のVQ35HRに変わって採用されたのは、「スカイラインクーペ」にも搭載される、バルブ作動角・リフト量連続可変システム(VVEL)備えた「VQ37VHR」エンジン。最高出力330ps/7000rpm、最大トルク36.8kgm/5200rpmというスペックは、クーペより若干抑えられた。
トランスミッションは先日発表されたばかりの「フェアレディZ」で用いられた、マニュアルモード付きの7段ATが組み合わされる。なお、MTは用意されない。

さらに2.5リッターを含むすべてのグレードで、従来オプション設定であったSRSカーテンエアバッグ、前席サイドエアバッグ、アクティブAFS(舵角に応じてヘッドランプの配光を変化させる)などが標準装備とされた。ドアミラー形状を含む一部内外装の変更も行われ、加えて、ボディカラー全色でスクラッチシールドが採用されたのも新しい。

従来比で10万5000円〜21万円値上げされ、車両価格は289万8000円〜401万1000円。

■7段AT化したクーペ

「スカイライン クーペ」にも従来の5段ATに代わる7段ATが与えられた。
同時に、ボディにはスクラッチシールドが施され、クリスタルホワイトパールの新色を追加。インテリジェントエアコンシステムとプライバシーガラスが標準化されるなどの変更も行われた。

価格は383万2500円〜460万9500円。

(webCG 本諏訪)

「スカイライン370GT Type SP」
「スカイライン370GT Type SP」 拡大
VQ37VHRエンジン
VQ37VHRエンジン 拡大
「スカイライン クーペ 370GT Type SP」。写真は新色のクリスタルホワイトパール。
「スカイライン クーペ 370GT Type SP」。写真は新色のクリスタルホワイトパール。 拡大

関連キーワード:
スカイライン, スカイラインクーペ, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
ホームへ戻る