トヨタが「RAV4」の全車に横滑り防止装置を採用

2012.12.03 自動車ニュース

トヨタが「RAV4」の全車に横滑り防止装置を採用

トヨタ自動車は2012年12月3日、ミドルサイズSUV「RAV4」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、車両安定性を確保するS-VSCや、ヒルスタートアシストコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを全車に採用。ステアリングホイールを握ったままオーディオを操作できるステアリングスイッチも標準装備となった。

またグレード体系も改められた。これまで設定のあった「X」と「スポーツ」を廃止。替わって、グレーメタリック塗装の18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーなどを装備した「スタイル“Sパッケージ”」が追加された。

価格は「スタイル」のFF車が215万円で4WD車が236万円。「スタイル“Sパッケージ”」のFF車が230万円、4WD車が251万円。

(webCG)

「トヨタRAV4 スタイル“Sパッケージ”」
「トヨタRAV4 スタイル“Sパッケージ”」 拡大

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る