「エスクード」「SX4」に防水内装の特別仕様車

2008.06.27 自動車ニュース

「エスクード」「SX4」に防水内装の特別仕様車

スズキは、本格派SUV「エスクード」と、スポーツクロスオーバーモデル「SX4」に、特別仕様車「ヘリーハンセン リミテッド」を設定。2008年6月26日に台数限定で発売した。

「ヘリーハンセン リミテッド」は、欧州のマリン&アウトドアアパレルブランド「ヘリーハンセン」とタイアップした特別仕様車。マリンスポーツやアウトドアライフを楽しむユーザーが主なターゲットだ。
インテリアが専用のロゴ入り防水シート、防水ドアトリム、フロアマットなどになる。

エスクードの「2.4ヘリーハンセン リミテッド」は、クロームメッキグリルとアンダースポイラーで顔まわりをメイクアップ。ドアに専用エンブレムを、スペアタイヤハウジングには専用デカールをそれぞれあしらった。
足元は18インチアルミホイール。電動サンルーフも備わる。
価格は236万2500円で、1000台の限定。

SX4の「1.5ヘリーハンセン リミテッド」も、フロントのグリルとバンパーが専用品で、ターンランプ付きドアミラーやHIDヘッドランプが採用された。エスクード同様、ドアやリアハッチに専用エンブレムがつく。
価格は、158万5500円(FF)と179万5500円(4WD)。こちらは700台の限定となっている。

(webCG 関)

「SX4 1.5ヘリーハンセン リミテッド」(写真左)と、「エスクード 2.4ヘリーハンセン リミテッド」。
「SX4 1.5ヘリーハンセン リミテッド」(写真左)と、「エスクード 2.4ヘリーハンセン リミテッド」。
専用の「ヘリーハンセン」ロゴ入り防水シート。
専用の「ヘリーハンセン」ロゴ入り防水シート。

関連キーワード:
エスクード, SX4, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • 2リッターエンジンを搭載した「トヨタ・カローラ ツーリング」限定発売 2020.5.13 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年5月13日、ステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車“2000リミテッド”を設定し、500台の台数限定で同年6月1日に発売すると発表した。
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
ホームへ戻る