「エスクード」「SX4」に防水内装の特別仕様車

2008.06.27 自動車ニュース

「エスクード」「SX4」に防水内装の特別仕様車

スズキは、本格派SUV「エスクード」と、スポーツクロスオーバーモデル「SX4」に、特別仕様車「ヘリーハンセン リミテッド」を設定。2008年6月26日に台数限定で発売した。

「ヘリーハンセン リミテッド」は、欧州のマリン&アウトドアアパレルブランド「ヘリーハンセン」とタイアップした特別仕様車。マリンスポーツやアウトドアライフを楽しむユーザーが主なターゲットだ。
インテリアが専用のロゴ入り防水シート、防水ドアトリム、フロアマットなどになる。

エスクードの「2.4ヘリーハンセン リミテッド」は、クロームメッキグリルとアンダースポイラーで顔まわりをメイクアップ。ドアに専用エンブレムを、スペアタイヤハウジングには専用デカールをそれぞれあしらった。
足元は18インチアルミホイール。電動サンルーフも備わる。
価格は236万2500円で、1000台の限定。

SX4の「1.5ヘリーハンセン リミテッド」も、フロントのグリルとバンパーが専用品で、ターンランプ付きドアミラーやHIDヘッドランプが採用された。エスクード同様、ドアやリアハッチに専用エンブレムがつく。
価格は、158万5500円(FF)と179万5500円(4WD)。こちらは700台の限定となっている。

(webCG 関)

「SX4 1.5ヘリーハンセン リミテッド」(写真左)と、「エスクード 2.4ヘリーハンセン リミテッド」。
「SX4 1.5ヘリーハンセン リミテッド」(写真左)と、「エスクード 2.4ヘリーハンセン リミテッド」。
専用の「ヘリーハンセン」ロゴ入り防水シート。
専用の「ヘリーハンセン」ロゴ入り防水シート。

関連キーワード:
エスクード, SX4, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • シトロエンが100周年記念特別仕様車「オリジン」の第3弾を「C3エアクロスSUV」に設定 2019.9.26 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年9月26日、シトロエンのコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」に、創業100周年を記念した特別仕様車「ORIGINS(オリジンズ)」を設定し、同年10月21日に発売すると発表した。
ホームへ戻る