アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

2008.06.18 自動車ニュース

アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

トヨタ自動車は、新型の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の受注が3万6000台に達したと発表した。

威風堂々路線そのまま、2代目にバトンタッチした「トヨタ・アルファード」。目下、市場では大盛況だという。

2008年5月12日の発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(3000台)の5倍を超える1万6000台を受注済み。新たに加わった兄弟車「ヴェルファイア」はさらに多い2万台(!)と、合わせて3万6000台が売れた。

同社によると、2種類あるエンジンの内訳は、アルファードで3.5リッターと2.4リッターがそれぞれ50%ずつ。一方のヴェルファイアは、3.5リッターが47%、2.4リッターが53%と、“小さいほう”が僅かにリードする。

グレード別に見ると、アルファードの一番人気は「350G」(26%)で、次点が「240S」(23%)。ヴェルファイアはエアロパーツをまとう2.4リッターモデル「2.4Z」(42%)が圧倒的。同じくエアロな「3.5Z」(28%)が続く。

なお、人気のボディカラーは、両車そろって1位が「ホワイトパール」、2位が「ブラック」。3位はそれぞれのイメージカラー、すなわち、アルファードが「ゴールドパールクリスタルシャイン」、ヴェルファイアが「ボルドーマイカメタリック」となっている。

(webCG 関)

 
アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!の画像

関連キーワード:
ヴェルファイア, アルファード, トヨタ, -->, 自動車ニュース

トヨタ ヴェルファイア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ロールス・ロイス・カリナン ブラックバッジ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.4 試乗記 ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」に試乗。見て豪華、乗って豪華な“砂漠のロールス・ロイス”だが、真にラグジュアリーな世界観を味わいたいのなら、走らせ方にちょっとしたコツが必要だ。インプレッションを通じてその方法を指南する。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る