メルセデスCLSにスペシャル内装の特別仕様車

2012.01.16 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」にスペシャル内装の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、4ドアセダン「メルセデス・ベンツCLS」の特別仕様車「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited(デジーノ リミテッド)」を2012年1月16日に発売した。受注期間は、2月15日まで。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」は、2代目となる現行型「CLS」の発売1周年を記念した特別仕様車だ。

ベースモデルは3.5リッターV6エンジンを搭載する「CLS 350 ブルーエフィシェンシー」で、インテリアが高品質な「designoレザー」で仕立てられているのが一番の見どころ。レザーの色は、クラシックレッド、パステルイエロー、ライトブラウン、ディープホワイト、ミスティックブルーの5色から選択できる。

さらに、「19インチAMG 5スポークアルミホイール」や「AMGスタイリングパッケージ」、「AMGスポーツステアリング」などを含むセットオプション「AMGスポーツパッケージ」が標準で与えられ、エクステリアもドレスアップ。通常のボディーカラー10色に加えて、75万円のオプションで「designoジルコンレッド」と呼ばれる赤も用意される。

価格は、ベースモデルより118万5000円高の1048万5000円。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」
「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」 拡大

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る