メルセデスCLSにスペシャル内装の特別仕様車

2012.01.16 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」にスペシャル内装の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、4ドアセダン「メルセデス・ベンツCLS」の特別仕様車「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited(デジーノ リミテッド)」を2012年1月16日に発売した。受注期間は、2月15日まで。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」は、2代目となる現行型「CLS」の発売1周年を記念した特別仕様車だ。

ベースモデルは3.5リッターV6エンジンを搭載する「CLS 350 ブルーエフィシェンシー」で、インテリアが高品質な「designoレザー」で仕立てられているのが一番の見どころ。レザーの色は、クラシックレッド、パステルイエロー、ライトブラウン、ディープホワイト、ミスティックブルーの5色から選択できる。

さらに、「19インチAMG 5スポークアルミホイール」や「AMGスタイリングパッケージ」、「AMGスポーツステアリング」などを含むセットオプション「AMGスポーツパッケージ」が標準で与えられ、エクステリアもドレスアップ。通常のボディーカラー10色に加えて、75万円のオプションで「designoジルコンレッド」と呼ばれる赤も用意される。

価格は、ベースモデルより118万5000円高の1048万5000円。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」
「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」 拡大

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • 2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる! 2020.9.18 デイリーコラム 年明け2021年にはデビュー10周年を迎える、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」。生産1万台を達成した成功作の後継はどんなモデルになるのだろうか? “猛牛マニア”の西川 淳はこう予想する。
ホームへ戻る