メルセデスCLSにスペシャル内装の特別仕様車

2012.01.16 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」にスペシャル内装の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、4ドアセダン「メルセデス・ベンツCLS」の特別仕様車「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited(デジーノ リミテッド)」を2012年1月16日に発売した。受注期間は、2月15日まで。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」は、2代目となる現行型「CLS」の発売1周年を記念した特別仕様車だ。

ベースモデルは3.5リッターV6エンジンを搭載する「CLS 350 ブルーエフィシェンシー」で、インテリアが高品質な「designoレザー」で仕立てられているのが一番の見どころ。レザーの色は、クラシックレッド、パステルイエロー、ライトブラウン、ディープホワイト、ミスティックブルーの5色から選択できる。

さらに、「19インチAMG 5スポークアルミホイール」や「AMGスタイリングパッケージ」、「AMGスポーツステアリング」などを含むセットオプション「AMGスポーツパッケージ」が標準で与えられ、エクステリアもドレスアップ。通常のボディーカラー10色に加えて、75万円のオプションで「designoジルコンレッド」と呼ばれる赤も用意される。

価格は、ベースモデルより118万5000円高の1048万5000円。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」
「メルセデス・ベンツCLS350 ブルーエフィシェンシー“designo”Limited」 拡大

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.4 試乗記 最高出力184PSの1.5リッター直4ターボエンジンに「BSG」と呼ばれるマイルドハイブリッド機構を組み込んだ「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド」のパワートレイン。効率化と高性能化をうたうこのダウンサイジングユニットの実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
ホームへ戻る