「ホンダ・クロスロード」にナビ付き特別仕様車

2007.12.25 自動車ニュース

「ホンダ・クロスロード」にナビ付き特別仕様車

本田技研工業は、3列シート7人乗りのコンパクトSUV「クロスロード」に、ナビゲーションシステムなどを標準装備した特別仕様車「HDDナビエディション」を設定し、2007年12月20日に発売した。

特別仕様車「HDDナビエディション」は、「18L」「18X」「20X」に、Honda HDDナビゲーションシステムやディスチャージヘッドランプなどを装備しながら、お求め安い価格設定にしたという。

1.8リッターモデルは、前席大型アームレストやキーレスエントリー、スマートスタイルパッケージなどを追加装備。2リッターモデルは、ドアミラーウインカー、フォグランプが備わり、ステアリングホイールは本革巻きとなる。

価格は、以下の通り。
18L HDDナビエディション:220万5000円(FF)
18X HDDナビエディション:246万7500円(4WD)
20X HDDナビエディション:245万1750円(FF)、271万4250円(4WD)

(webCG ワタナベ)

「ホンダ・クロスロード」にナビ付き特別仕様車の画像

関連キーワード:
クロスロード, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ クロスロード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る