三菱、新型「アウトランダー」を出展【ジュネーブショー2012】

2012.02.09 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】三菱、新型「アウトランダー」を出展

三菱自動車は2012年2月9日、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で新型「アウトランダー」(欧州仕様)を公開すると発表した。

新型「アウトランダー」の見どころは、優れた環境性能のほか、先進安全技術による高い安全性など。欧州向けのエンジンは2リッター直4ガソリンと2.2リッター直4ディーゼルターボの2種類で、後者は130g/km以下のCO2排出量を目標にしているという。また2012年度中には、三菱が独自に開発している電気自動車派生型のプラグインハイブリッドシステムを搭載する仕様が追加される計画。

安全技術については、前方の障害物を検知して自動ブレーキにより衝突事故を予防する「衝突被害軽減ブレーキシステム」、前車との車間を維持した走行が可能な「レーダークルーズコントロールシステム」、走行レーンからの逸脱に対して警報で注意を促す「車線逸脱警報システム」などが装備される。

その他、インストゥルメントパネルの質感を高めたり、簡単な操作でシートのアレンジができたりと、上質で使い勝手の良いインテリアも新型の特長とうたわれる。

販売は2012年夏から。ロシアを皮切りに、欧州、日本、オセアニア、中国、北米へと展開していくという。

(webCG 竹下)

「三菱アウトランダー」(欧州仕様)
「三菱アウトランダー」(欧州仕様) 拡大

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, ジュネーブモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.10 試乗記 伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • ホンダADV150(MR/CVT)【レビュー】 2020.7.22 試乗記 個性的なデザインをまとうホンダの新型スクーター「ADV150」。しかし、カッコだけの小型バイクと侮るなかれ。それはあらゆる道が“遊び場”に感じられるほどの、最高にファン・トゥ・ライドな一台だった。
ホームへ戻る