三菱、新型「アウトランダー」を出展【ジュネーブショー2012】

2012.02.09 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】三菱、新型「アウトランダー」を出展

三菱自動車は2012年2月9日、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で新型「アウトランダー」(欧州仕様)を公開すると発表した。

新型「アウトランダー」の見どころは、優れた環境性能のほか、先進安全技術による高い安全性など。欧州向けのエンジンは2リッター直4ガソリンと2.2リッター直4ディーゼルターボの2種類で、後者は130g/km以下のCO2排出量を目標にしているという。また2012年度中には、三菱が独自に開発している電気自動車派生型のプラグインハイブリッドシステムを搭載する仕様が追加される計画。

安全技術については、前方の障害物を検知して自動ブレーキにより衝突事故を予防する「衝突被害軽減ブレーキシステム」、前車との車間を維持した走行が可能な「レーダークルーズコントロールシステム」、走行レーンからの逸脱に対して警報で注意を促す「車線逸脱警報システム」などが装備される。

その他、インストゥルメントパネルの質感を高めたり、簡単な操作でシートのアレンジができたりと、上質で使い勝手の良いインテリアも新型の特長とうたわれる。

販売は2012年夏から。ロシアを皮切りに、欧州、日本、オセアニア、中国、北米へと展開していくという。

(webCG 竹下)

「三菱アウトランダー」(欧州仕様)
「三菱アウトランダー」(欧州仕様) 拡大

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, ジュネーブモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー 2021.2.17 画像・写真 三菱が新型「アウトランダー」を発表。内外装デザインは従来モデルから全面刷新されており、フロントマスクにはより大胆な意匠の「ダイナミックシールド」が採用されている。三菱の未来を担うグローバルモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 三菱が新型「アウトランダー」を発表 アメリカなどで2021年4月に発売 2021.2.17 自動車ニュース 三菱がクロスオーバーSUVの新型「アウトランダー」を発表。4代目となる新型は、デザインも車両構造も従来型から刷新されており、新開発のプラットフォームと進化した4WD制御によって高められた走行性能や、上質な車内空間などが特徴として挙げられている。
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • ピアッジオが「モト・グッツィV85 TT」を一部改良 専用カラーの100周年記念車も登場 2021.4.13 自動車ニュース ピアッジオがアドベンチャーバイク「モト・グッツィV85 TT」を改良。エンジンに手を加えて低・中回転域でのトルクを強化したほか、ライディングモードに「スポーツ」と「カスタム」を追加した。同時に、ブランドの100周年を祝う特別仕様車の受注も開始している。
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
ホームへ戻る