「キャデラックSTS」2008年モデルには右ハンドルも追加

2007.09.21 自動車ニュース

「キャデラックSTS」2008年モデルには右ハンドルも追加

ゼネラルモーターズアジアパシフィックジャパンは2007年9月20日、ミディアムサルーン「キャデラックSTS」シリーズの2008年モデルを発表した。

2008年モデルの「キャデラックSTS」は、STS-Vを除く3.6と4.6リッターモデルに右ハンドル仕様が追加されたのがニュース。さらに3.6リッターエンジンは、最高出力が従来比54psアップの311psとされ、組み合わされるトランスミッションも6段化された。

内外装では、グリルやバンパーなどを含むフェイスリフトが行われたほか、ステアリングホイールのデザインやウッドパネルの材質などが変更された。
安全装備も追加され、車線逸脱を知らせるレーンデパーチャーウォーニングシステムが、STS-Vに標準、4.6にはオプションで用意される。

価格は3.6が685.0万円、4.6が820.0万円、STS-Vが1075.0万円。

(webCG 本諏訪)


「キャデラックSTS」2008年モデルには右ハンドルも追加の画像

関連キーワード:
STS, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • 「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデート 2019.12.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年12月18日、ミニバン「アルファード」および「ヴェルファイア」を一部改良し、2020年1月6日に発売すると発表した。スマートフォンとの連携が可能な9インチのディスプレイオーディオを標準装備としている。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
ホームへ戻る